ソープランドの種類とその特徴

風俗で遊んでいる方に話を聞いていると格安店・高級店と言ったワードが出てくる事があります。名称の通り、お店のグレードを表しているのですが、それぞれの特徴は何でしょうか。まずお客さんとして行く場合、大きな違いは費用とサービスの質です。

ソープは、他の風俗と違い容姿やテクニックと言った様々な要素が求められますので、種類によってそのレベルが異なります。コンパニオン側としては待遇、そして求められる仕事内容が大きく異なります。

格安ソープ店の特徴とメリット・デメリット

格安ソープ店に属するお店というのは、他の種類に比べるとプレイ時間が短いのが特徴です。これはお客さんが支払う費用が安くなるだけではなく、短い時間で効率良く稼ぐ為の手段です。オプションや指名料も安く設定されているケースもあるので、リーズナブルに遊べるのがメリットです。

但し働いているコンパニオンのレベルはそれなりである事が多く、人気のあるコンパニオンは指名で埋まっているので予約が取れない事もあります。働く側としてのメリットは、容姿やテクニックに自信があればすぐにでもナンバー入り出来る可能性がある点です。

ナンバーに入れば入ってくるバック率が高くなり、より稼ぎやすい環境になります。デメリットはフリーのお客さんが多く、固定客に繋がりにくい事です。

大衆ソープ店の特徴とメリット・デメリット

大衆ソープ店の特徴は、高級店よりもリーズナブルにサービスを受けられる点です。格安店よりもハイレベルなコンパニオンが接客してくれるので、精神的に満足出来ます。またバイトとして働くコンパニオンの多くは大衆店で働くケースが多いので、素人と恋人気分でプレイをしたい場合にはぴったりです。しかし高級店の様なサービスや、プレイを受けられるお店は少ないので注意が必要です。

コンパニオンとして以前は高級店で働いていたが、そこでは稼げないという場合は大衆店で働くのも賢い方法です。大衆ソープ店以上になるとマットプレイがあるので格安店から上がって来た場合、最初の内はかなり重労働だと感じるかもしれません。しかしマットプレイは時間をたっぷり使えるので、慣れるととても効率良く仕事が出来ます。

高級ソープ店の特徴とメリット・デメリット

高級店のメリットは何と言ってもサービスの質が良い点です。働いているコンパニオンは容姿レベルだけではなく、テクニックもあります。また知識や教養が求められるのでハイレベルな時間を過ごせます。内装に凝っているお店もあるので、非日常的な感覚を味わえるメリットもあります。高級店は90分5万円以上の費用が発生する事も珍しくなく、懐に余裕が無い方が通うのは厳しいです。

高級店のコンパニオンは大衆店と比べものにならない程の高待遇ですので、しっかりと稼ぎたい方には多くのメリットがあります。しかし高待遇だからこそ、お店やお客さんから求められるものも多い様です。サービスの質やプレイ内容を常に向上させる、強い精神力が必要です。

まとめ

ソープランドと言ってもいくつかの種類に分かれ、それぞれにメリット・デメリットがあります。格安店はリーズナブルで気軽に来店出来る反面、コンパニオンに質を求めるのが難しいケースがほとんどです。働く場合はテクニックや容姿にこだわりが無いので、誰でも働く事が出来ます。しかしフリー客が多いので、固定客を掴むチャンスが他よりも少なく一気に稼ぐのが難しいです。高級店はサービスの質、容姿、教養と様々な要素がハイレベルで満足度は高いです。しかしコストが高く通い続けるにはかなりの余裕が必要です。大衆店はその真ん中に値します。