ソープの仕事で気をつけるべき感染症と性病の基礎知識

男性にとっても風俗での感染症は恐ろしいものですが、女性にとっても性病は怖いものです。女性が性病や感染症にかかると、ソープランドではどのような対策が講じられるのでしょうか。

ここでは、男性にとっても女性にとっても充分に気をつけるべき「風俗での性病と感染症」について、その予防法と感染後の対策についてまとめてみました。

性病になったら働けない

当たり前のことですが、風俗店で性病に感染していることがわかったら、病気が治るまではお店に出勤することができません。これはソープランドにかぎらず、ヘルスやピンサロなど、性的接触をともなうすべての風俗店に共通するルールです。

ただ、風俗店に通い慣れている男性はここで、あるひとつの矛盾点に気づくかもしれません。

男性が性病に感染するのはたいていの場合、風俗店です。ということは、全員が全員とは言わないまでも、一定以上の割合で病気の感染を隠して働いている女の子がいる、ということではないのか、と。

残念ながら、それはまさしくその通りです。性病の初期段階では自覚症状がほとんどない場合が多く、女の子自身も感染の事実に気づかないままお店での接客をつづけてしまう、というケースが少なくありません。

また、女の子としてもお店に出勤できずに収入が途絶えるのは困りますから、仮に感染症の兆候に気づいていたとしてもお店に報告せず、普段通りに出勤しつづける、ということもめずらしくはありません。

性病や感染症は基本的に、一度感染したら自然には治りません。専用の薬によって原因となるウィルスを駆逐しないことには、「病気が完治した」とは言えないのです。

お店のほうも信用問題にかかわりますから、ひとりひとりの女の子に定期的な性病検査を義務づけ、少しでも異常が見つかった場合には出勤を停止するとともに専門の医療機関の受診を促すなどの対策を取っています。

病気の責任は、男性にもあります。性病の兆候は、性器にのみ表れるとはかぎりません。原因となる細菌やウィルスが喉にとりつけば風邪に似た症状が表れますし、そもそも自覚症状がまったくないまま進行してしまうかもしれません。

少しでも普段と違う変化が感じられる場合には来店の予約をキャンセルするなど、男性のほうにも感染を広げないための配慮と注意が必要です。

重症化は不妊の原因に

性感染症はほとんどの場合、初期の段階できちんと対応すれば完治するものですが、対処が遅れるほど完治は難しくなり、患部以外にもさまざまな異常が残ってしまいます。

女性の場合は不妊の原因になりやすく、「感染症のせいで子どもが産めなくなった」というケースも決してめずらしくはありません。ここからはリアルな実例を御紹介しましょう。

都内の中堅ソープランドに務めていたAさんは、細身ながらもグラマラスな体型でお店でもトップクラスの人気でした。

ある日、Aさんはなじみの常連客から避妊具なしでの射精がしてみたいと言われ、迷った末にOKしてしまいます。Aさん自身、プロとして病気や妊娠には気をつけているつもりでしたが、妊娠のほうはピルで予防しているし、何年も通ってくれているお客さんだったので、「この人ならいいか」という気持ちでついつい生の挿入を許してしまったのです。

Aさんが心配していたのは妊娠のほうでしたが、ピルが効いているためかそれらしい兆候はなく、Aさんも安心して仕事をつづけていました。

しかし、数日後、Aさんの体にちょっとした異変が表れます。最初は、陰部まわりの軽いかゆみでした。Aさんもプロですので性感染症だとはすぐに気づきましたが、その日も次の日も出勤でしたし、お店に病気のことを報告するとクビになりそうな気がして恐ろしくて言い出せず、仕方なく市販薬での応急処置をつづけるしかありませんでした。

その間にも症状はどんどん進行し、かゆみにとどまらず痛みや倦怠感までAさんを襲うようになります。ここまでくるとさすがに仕事はつづけられず、時間ができたAさんは出血をこらえながら専門の医療機関を受診します。そして、医師から伝えられたのは「不妊の一歩手前ですね」という一言。

このように、どのような感染症でも悪化すれば不妊につながる危険性がありますので、初期症状を関知した場合には決して仕事を優先せず、ただちに専門的な治療を受けるようにしましょう。

オーラルセックスでもうつる

ソープランドでの病気は、いわゆる挿入行為によってのみ感染するのではありません。キスやフェラチオなどのいわゆるオーラルセックスでも原因菌が媒介されるかぎりうつる可能性があり、むしろこちらのほうがリスクとしては大きいと言われています。

ソープでも、挿入時には避妊具をつけますが、前戯となるフェラチオの段階では生の状態で行われることが多く、男性と女性どちらかが原因菌を保有していれば感染源となり得ます。

風俗店でよくある意外な感染源としては、男性のクンニリングスが挙げられます。フェラチオをコンドームつきで行う風俗店は最近増えてきましたが、クンニリングスについては生で行うのが普通です。複数の風俗店に通っている男性がそのうちのどれかひとつのお店で病気をもらい、その原因菌をいろいろな女の子にクンニを通してまき散らしてしまう、というパターンで、オーラルセックスでの感染は自覚症状がほとんどないためよけいに感染が広がりやすい、という問題があります。

予防にはコンドームが必須

風俗店での病気予防にはやはり、コンドームが必須です。コンドームは避妊具であると同時に病気を防ぐ、という役割があり、経口避妊薬が普及した現代においてはむしろ病気予防のほうに力点が置かれていると言えます。

「コンドームをつけると快感が薄れる」という男性も少なくありませんが、それは大きな錯覚です。最近は超極薄でつけているのかどうかさえ気づかないコンドームが主流になっていますので、快感を損なうことなくソープでのプレイを存分に楽しむことができます。

コンドームによって病気と妊娠を予防するのは男性側にとっても大切なマナーですので、たとえオーラルセックスであったとしてもきちんと避妊具をつけるようにしましょう。

医療機関を早期に受診

性感染症も普通の病気と同じく、早期発見、早期治療が基本となります。たいていの病気は初期症状のうちにきちんと対処すれば数日間で完治しますし、かつては不治の病と言われていたエイズでさえ最近は治療法が確立され、薬で治る病気に変わりつつあります。

健全なソープランドでは専門の医療機関と提携し、定期検診による感染のチェックおよび感染時の早期治療が行えるシステムをととのえています。

自分自身の体を守るためにも、健康管理が徹底しているお店を選ぶことも重要です。

まとめ

風俗店では病気がつきもの、というイメージはもはや昔の話です。女の子のほうもきちんとした知識を持ち、安全対策をしっかりと取っていれば感染を100パーセントふせぐことは可能であると医学的にも言われています。万一、感染が疑われる場合にはすみやかに専門の医療機関を受診し、感染がこれ以上広がらないようにきちんと完治させることが重要です。