未経験でも安心!ソープの仕事ノウハウ

ソープで働く事を決心したけれど、やはり不安はつき物です。特に未経験であれば周りが見えていなかったり、何から始めれば良いのかわからなかったりして、いらぬトラブルを招いてしまうケースもあります。他の風俗サービスとは違う点もありますし、仕事としてしっかり遂行出来るか悩んでしまうケースもあります。そんな方に知って欲しい風俗とは?から稼げるポイント、他のサービスとの違いをピックアップしています。未経験は大きな武器になるので、怖がる事はありません。

ソープと他の風俗が違う理由はコレ

風俗関連のサービスは多々ありますが、ソープが風俗の王様と言われるには理由があります。それは本番行為が出来るサービスという点です。他の風俗ではそうはいきませんし、そもそも営業形態自体が違うので他の風俗が真似することは出来ません。その他の風俗では本番は厳禁ですし、こっそりした場合はお客さん、コンパニオンが罰せられるだけでなく、お店も営業停止になります。

ソープはコンパニオンを個人事業主として入浴補助をするお店(サービス)と言う名目で営業しています。入浴補助中にコンパニオンの判断で本番行為をしているので、店舗側にペナルティはありません。これが一番の違いです。

マットプレイなどテクニックが必要

ソープと同じくらい人気のあるヘルスでは、お客さんが入ったらまず局部の消毒をしたらキスから始めます。全身リップをしたらオーラルセックス、最後に素股をするのが一般的なプレイ内容です。

ソープに関しては消毒をした後に一緒にお風呂に入る事から始めます。お風呂と言ってもコンパニオンが身体を使って洗ってくれますし、お店によってはすぐに本番が出来るところもあります。お風呂に入った後はマットプレイをしてくれるのもソープならでは。ローションを使ってお客さんの身体をマッサージしてくれる高度なテクニックです。その後ベッドルームに移動して本番が一連の流れです。

容姿で入れる店舗が違う?

水商売は学歴や職歴は重視されませんが、容姿で判断される特徴があります。それはその他の風俗でも同じで、容姿によっては入店を断られるケースもあります。とはいっても断られるのは稀で、多くの場合は姉妹店や系列店への入店を促される様です。

ちなみにソープにはグレードがあり格安・大衆・高級の3つに分かれていて、上のグレードに行くにつれ多くを求められます。未経験者はいち早く稼ぐ事を目的にしているので、高級店を選びがちですが、高級店は容姿だけでは無くテクニック、知識が要求されます。またライバルも数多くいるので、心身ともに消耗してしまうケースもあります。無理に高級店で働くよりも、余裕を持って仕事が出来る大衆店・格安店が良い場合もあります。

でもやっぱりソープは稼げる!

容姿やテクニック、キャラや接客など様々な知識が必要になるソープですが、やはり他の風俗よりも稼げるのが特徴です。お店のグレードや指名数、お客さんを相手にした数にもよりますが1日に3~8万円が平均給与になります。中には一晩で数十万円稼ぐコンパニオンもいるので、未経験者でも夢を持って仕事が出来ます。

この仕事は心身ともにハードな仕事なので、ある程度若くないと厳しい面もあります。だからこそ短期間でしっかり稼ぎ、自分の夢や貯金を潤わせるのが一番です。その為には、未経験者でも営業やお客さんに指摘された事を受け止めてコツコツと実行していくのが、売れっ子までの近道です。

まとめ

未経験から始めるソープの仕事は、とても大変なものです。自分に合ったお店を見つける事から初め、他の風俗サービスとの違いやテクニックを学ぶ、更には自分の容姿が武器になる事がほとんどです。

格安店・大衆店・高級店の3つに分かれていて、容姿や知識、テクニックによって入店出来るところ分かれます。マットプレイや本番はソープにしか無いサービスです。それでもこの仕事や他に比べて高収入が期待出来るので、ブレずに地道に積み重ねていけば売れっ子になれる可能性もあります。