あなたはどっちが好き?ソープとデリヘル徹底比較

ソープランドとデリヘルは、ともに風俗業界の定番でありながら、初心者の間でもそれぞれのサービスの違いがはっきりとはわかりにくい、ということになっているようです。風俗好きの間でもいろいろと評価の分かれるソープランドとデリヘルについて具体的なサービス内容から徹底的に比較していきましょう。

エッチがしたいなら絶対にソープ

ソープランドではでき、デリヘルではできないことを言えば、それは本番行為です。本番行動とは本物のセックスを意味し、通常はゴム着用ですが、女の子に直接挿入して射精できる、という意味では変わりません。

日本の風俗業界はもともと江戸時代から始まり、中でも吉原は最高級の遊戯場であり、いわゆる男女のセックスだけでなく、あらゆる娯楽を楽しめる大人の社交場でもありました。

明治以降、吉原の流れは赤線に引き継がれ、現在の川崎堀之内、品川、新宿を中心にかなり大きな赤線帯が発達しました。

赤線地帯は「法的売春地区」であり、警察当局は赤線地帯での売春を売春行為から除外し、それを法的に処罰することもしませんでしたしかし、昭和33年に赤線区域が正式に廃止され売春防止法が施行されたとき、それまで暗黙の裡に許可された川崎地区などの売春は違法であると見なされました。

その結果、日本の性産業は一時的に破壊の危機に瀕しましたが、吉原の流れは日本から消えませんでした。法律の施行によって、政府はソープランドを「特別な浴場」と見なしており、ある意味でそれを法律の枠内で囲むことによってさらなるアングラ化を防ぐ、という方法を取りました。

このように、Soaplandは歴史的な試行錯誤の中で生まれた法のすき間のような業態と言えるでしょう。

一部のネットでは、「デリバリーヘルスでも本番行為を行うことができる」とまことしやかにささやかれており、クチコミレビューサイトでは、本番行為が実際に許可されている店舗を具体的に紹介していますが、そのすべての情報は誤っており、根拠はありません。

現在の日本ではソープランドのみが本番行為が許可される風俗店として正式に認められており、それ以外の風俗店で本番行為に及んだ場合は無条件に違法と見なされます。

確かに、一部のデリヘルで客に本番行為をさせる店がいくつかありますが、それは単に違法であり、決して許されません。店側が本番行為を黙認するケースもありますが、いずれにせよコンプライアンス違反であり、社会的に問題があるとされています。

女の子が自分の意志で本番行為を持ちかける理由のひとつは経済的動機です。例えば、通常のサービス料に加えて1万円払った場合は、ゴムつきでセックスしたり、さらに1万円をプラスすれば生セックスなど、サービス中にリアルな交渉が行われるようです。

勤務時間外でも問題にならないだろうと、強制的に店外でのデートをさせようとする男性も多いようですが、その場合も当然、金銭的なインセンティブがあれば売春行為と見なされますので、絶対にNGであることをご理解ください。

過去には、デリバリーヘルスに代わる主流の風俗としてホテトルがありました。しかし、ホテトルの多くは反社会的勢力と結びつき、売春が横行するきっかけとなってしまったため、法律によって全面的に禁止されています。

デリヘルでもAFは可能

本番行為が許可されるのはソープランドのみですが、デリヘルでもAFはオプションサービスとして許可されています。AFとはアナルファックのことで、女の子のアナルに男性がペニスを挿入し、疑似セックスを楽しめるサービスとして根強い人気があります。

アナルファックは子宮とつながらないため、たとえ中で直接射精をしても妊娠することがありません。ただし、だからといってゴムを着けずに挿入できるというわけではなく、コンドームは避妊具であると同時に性病予防の意味もありますので、ほとんどのお店ではたとえアナルファックであってもコンドーム着用が義務づけられています。

また、アナルファックは女の子にとっても苦痛が大きいようです。そもそも、アナルは性器を受け入れるための器官ではなく、女性が性的に興奮したところで濡れることもありません。潤滑油としてローションなどが使われることになりますが、それでも慣れないうちは痛みのほうが大きく、女性にとっての負担も少なくないようです。

一方、アナルファックを経験した男性にその感想を聞いてみると、「普通のセックスとほとんど変わらない」という声がある反面、「膣よりも締めつけが強いのでやっぱり違和感がある」という意見も少なからず聞かれます。

デリバリーヘルスでも、アナルファックNG、という女の子も少なくありませんので、来店前に必ずウェブサイトからチェックしておきましょう。

普段通りのプレイをしたいならデリヘル

デリバリーヘルスのメリットとしてはまず、直接店舗に行かなくていい、ということが挙げられます。ひとり暮らしであればデリバリーヘルスをいつ利用しても自由ですし、どうしても自宅を知られたくないのであればホテル派遣、という方法もあります。

自宅であれば慣れ親しんだ空間でエッチなサービスを心ゆくまで受けられますので、「店舗に行くことそのものが緊張する」という男性にとっては自宅に呼べるデリバリーヘルスのほうが自然体で楽しめるかもしれません。

また、デリバリーヘルスならではのスペシャルな楽しみ方として、お泊りサービスがあります。高級店などでは、女の子を夜のうちから次の日の朝まで呼ぶことができるコースを用意しており、まるで本物の恋人同士のようなラブラブ感を存分に楽しむことができます。

デリバリーヘルスのデメリットとしては、ホテル派遣の場合はコスト的にやや割高になってしまうこと、自宅派遣であればプライベートな空間を見せなくてはならないこと、などが挙げられます。

探求心があるならソープ

ソープランドであえてエッチをせずに帰ってくる、というのも粋な遊び方です。単純な本番行為以外にもいろいろなプレイが楽しめるのも魅力のひとつであり、特に高級店などでは定番の潜望鏡や洗体サービスはもちろんのこと、スケベイスやぬるぬるマットなど、風俗店でしかお目にかかれないアダルトグッズを利用できますので、普通のエッチにはもう飽きてしまった、テクニックの幅を広げたい、という殿方はぜひともリピーターになって、いろいろと研究するべきです!

ソープのデメリットとしては、事前の予約が必要であること、平均予算が5万円以上と割高であること、いわゆるチェンジシステムがないこと、などがあります。駅から遠い店舗では事前に予約すれば送迎サービスが利用できますので、そのあたりも含めて来店前に電話で確認しておきましょう。

まとめ

風俗業界ほど、男性によって好き嫌いの分かれる世界はありません。ゆったりとしたプライベート空間でのサービスが好きな男性にはデリバリーヘルスが合うでしょうし、「プロフェッショナルの幅広いテクニックを心ゆくまで堪能したい!」という男性にはソープランドがおすすめです。実際に利用してみなければ好き嫌いもわかりませんので、初心者のうちからぜひともいろいろな業種をまわり、見聞録を広げておきましょう。