ソープランドのプレイでよくあるトラブル集!初心者は要注意!

ソープランドでは女の子との密なサービスになるため、男性側が意識していなくても知らないうちにトラブルに巻き込まれてしまうケースも決して少なくありません。自分ではそれほど悪質なプレイをしているつもりがなくても、女の子がそのプレイを不愉快だと感じた時点でルール違反となり、場合によっては出禁の対象になります。男性側も不愉快な思いをしないためにも、風俗でよく見られるオーソドックスなトラブルについて具体的に見ていきましょう。

入浴料もきっちり把握

サービス料金についての誤解も、ソープでよくあるトラブル要因のひとつです。ソープは風俗のなかでも特に料金体系が複雑であり、初心者を戸惑わせる原因ともなっています。

ソープランド特有のシステムとして、「入浴料」があります。入浴料とサービス料に分かれていて、お店のランクにもよりますが、一般にサービス料は入浴料のおよそ3倍から5倍であるとも言われています。

お店のウェブサイトを見ても、サービス料が明記されることはありません。仮にサービス料をサイトに載せてしまうと、「うちの店では売春を認めています」ということになってしまい、法律に抵触してしまうのです。

そのため、お店のサイトには純粋な入浴料のみが掲載されているか、あるいは総額表記というかたちで料金が提示されています。

プレイ前に料金システムについてきっちりと把握しておくことで後々のトラブルをふせぐことにもつながります。

店のマナーもきっちり把握

ソープランドのトラブルとしてよく見られるのはやはり、マナー違反によるペナルティです。お店を利用するうえでは当然そのお店のルールを守る必要があり、違反を繰り返すような男性は容赦なくブラックリストに載せられ、半永久的に出禁になってしまう可能性もあります。

体を清潔にする、盗撮をしない、女の子を不快にさせない。基本的なルールに関しては、どのお店も共通しています。要するに「常識を守ってくださいね」ということで、このあたりのトラブルについてはまあ、良識のある殿方ならば問題なく防げると思われます。

ただ、プレイに関する細かいルールはお店によって違うことが多く、Aというお店で許された行為がBというお店では禁止になっている、というケースは決してめずらしくありません。

良心的なお店であれば初回の入店時にスタッフから詳しい説明がありますので、その際に細かいルールについてもきっちり把握しておきましょう。

コンドームは原則着用

たとえ本番行為が許されているソープランドであっても、もちろん挿入をする場合にはコンドームが必須です。ネット上では「ゴムなしで発射できるソープランド」のクチコミが半ば公然と流れているようですが、それらはすべてまったくのデタラメであると考えて間違いはありません。

コンドームは避妊具であると同時に、エイズなどの性感染症からお互いを守るための必須アイテムでもありますので、高級店でも決して油断せず、しっかりとゴムをつけたうえでプレイを楽しみましょう。

まとめ

明らかな違反行為でなくても、知らないうちにお店とのトラブルに巻き込まれてしまう、というケースは決してめずらしくありません。トラブルを放置してしまうと女の子を傷つけてしまいますし、最悪の場合は半永久的に出禁になってしまう可能性もありますので、来店前にお店のルールをきちんと把握して、男性のほうも気持ちよくプレイを楽しめるようにしましょう。