ソープの仕事って本当に辛いの?経験談を徹底リサーチ!

ソープランドでは男性側からのクチコミは集中できても、働いている女の子の経験談には意外とお目にかかれないものです。果たして女の子たちはどのような思いでソープランドに勤め、何を考えながら風俗嬢として働いているのでしょうか。なかなか聞けない女の子の経験談についてシチュエーション別に詳しく見ていきましょう。

男性のほうも女の子の経験談を参考にし、ソープランドでもやさしくあげましょう。

プライベートをしつこく聞かれる

風俗嬢にとっていちばんの喜びは何といっても、指名がもらえることです。指名されると指名料分のお金が女の子の給料に上乗せされますので、月収アップにダイレクトにつながります。

ただ、同じ男性から何度も指名されると、そのうちに男性のほうが勘違いしてしまい、女の子にしつこくプライベートな質問をしたり、連絡先を何度も聞いてきたりと、明らかにルール違反と思われる行為を繰り返すことがあります。

女の子のほうも一応はお客様ですので、よほどのことがないかぎりは優しく丁寧に断りつづけますが、その丁寧さがさらに男性を錯覚させてしまい、迷惑行為をよりいっそう助長してしまうことにもなりかねません。

気弱な女の子は根負けして連絡先や住所を男性に教えてしまい、その次の日から執拗なストーカー行為に遭ったり、メールを何百通も送りつけられたりと、日常生活に支障が出るレベルの嫌がらせに肉体的にも精神的に疲弊してしまう、というトラブルも実際に何度も起こっています。

女の子を傷つけるようでは、せっかくのソープランドで心ゆくまで遊ぶことができません。どの風俗店も、女の子へのプライベートな質問はNGですので、男性のほうも基本的なルールを理解し、大人の社交場として楽しむようにしましょう。

ごくまれに女の子のほうから連絡先を教えてもらえることがありますが、ほとんどの場合それはビジネスメールですので、男性のほうも節度をもってコミュニケーションをとるようにしましょう。

ルックスをけなされる

風俗業は、良くも悪くもお客様にすべてをさらけ出す仕事です。どの男性にも、好みに合う、合わない、というのは少なからずあり、入店後すぐにチェンジされるならまだしも、サービス中にしつこくルックスをけなされたり、ブスだ、貧乳だなどと罵倒されることも決してめずらしくありません。

女の子もプロですので、多少の悪口や毒舌ならたえられますが、サービス中ずっと容姿についてけなされつづけたのではやはり傷ついてしまい、誠心誠意サービスしてあげよう、という気持ちがなくなってしまいます。

男性のマナーとしても、女の子の悪口を言うぐらいならすぐにチェンジしたほうが女の子も傷つかずにすみますので、チェンジのあるお店では思いきってチェンジする勇気をもちましょう。

チェンジのないお店で好みではない女の子がきたときには確かに悲劇かもしれませんが、女の子の魅力はルックスだけではありません。どんな女の子にも良さがあり、根気よく付き合っていくうちに意外な一面が見られるかもしれませんよ。

男性からの暴力

ソープでは生身をさらした1対1のサービスになりますので、悪質なお客にあたってしまう、というリスクもないわけではありません。

特に悪質なのは男性からの暴力で、お金を払っているのだから何をしても許されると思い込み、個室に入った途端に豹変して横暴に振る舞ったり、プレイの一環と称して女の子を殴りつけたりと、刑法にさえ抵触しかねない暴力行為をはたらく男性もいないとはかぎりません。

もちろん、個室内であっても暴力行為は一切許されませんので、男性からそのような行為を受けた際にはただちにお店に相談し、それでも解決しなければ警察まで話を持っていくようにしましょう。

はっきりとした暴力行為だけでなく、たとえば、まったく濡れていない状態の女の子に無理やり挿入したり、コンドームをつけずに中で射精をすることも広い意味での暴力行為にあたりますので、男性のほうも充分に注意しましょう。

中出しによる妊娠

風俗嬢の悲しい経験談として、予期せぬ妊娠があります。たとえ本番行為が唯一許されているソープランドであっても挿入時には避妊具をつけるのが原則であり、間違っても生で中出しなどしてはいけません。

女の子のほうもよもや仕事で中出しされるとは思っていないためピルを飲んでいるとはかぎらず、お店のシフトのほうも、生理周期には配慮していても排卵周期にまでは配慮されていない場合がほとんどです。

排卵日前後の女の子にソープで膣内射精をすれば当然、妊娠のリスクが高まってしまいますので、男性側のエチケットとして必ずお店でも避妊具をつける、ということを徹底しましょう。

これは男性にかぎらず、女性にも錯覚されがちなポイントなのですが、射精の直前にだけコンドームをつければいい、というものではありません。男性の性的興奮が高まると亀頭の先端をカウパー液とよばれるものが湿らせるのですが、そのカウパー液のなかにも若干の精子が含まれており、特に男女ともに生殖能力が高い年代だとカウパー液が膣内に入っただけで妊娠させてしまう可能性があると言われています。

少しでも快感を得ようと、前半までは避妊具なしで挿入し、フィニッシュの瞬間にだけコンドームをつける男性も少なくないようですが、それは大変危険な行為です。また、男性の射精中枢は思っている以上に敏感ですので、我慢できると思っていても女性のちょっとした動きでスイッチが入ってしまい、精子が暴発してしまう、というトラブルも充分に考えられます。

トラブルは我慢せずに相談

サービス中に何らかの暴力行為を受けたらただちにサービスを中断し、お店に相談するようにしましょう。心ある健全なお店であれば女の子を全面的に信頼し、女の子を守るための対策を本気になって講じてくれるはずです。

仮に、お店に相談するだけでは埒が明かない場合には警察に相談することも必要です。暴力行為は明らかな犯罪ですので、警察も被害届があれば刑事事件として解決に乗り出してくれるはずです。

最近では経口避妊薬や緊急避妊薬も格段に進歩していますが、それでもお客からサービス中に妊娠させられてしまう、というケースも経験談としてゼロではありません。万一、仕事が理由で望まぬ妊娠をしてしまった場合にはただちに産婦人科を受診し、専門医に相談することが先決です。

ソープ嬢の妊娠の最大の問題点は、相手の男性がわかりにくいことです。女の子のほうもお店でしかセックスしない、というわけではなく、プライベートでもセックスを経験している、というケースがほとんどです。

妊娠の初期段階では兆候がまだ表れず、その時期に複数の男性と避妊抜きでセックスをしてしまうと万一妊娠した場合に父親がわからず、責任の所在が特定できなくなってしまいます。

女性のほうも、一瞬の油断が一生の後悔につながることを充分に理解しましょう。

まとめ

サービス中に何らかの暴力行為を受けたらただちにサービスを中断し、お店に相談するようにしましょう。心ある健全なお店であれば女の子を全面的に信頼し、女の子を守るための対策を本気になって講じてくれるはずです。

仮に、お店に相談するだけでは埒が明かない場合には警察に相談することも必要です。暴力行為は明らかな犯罪ですので、警察も被害届があれば刑事事件として解決に乗り出してくれるはずです。

最近では経口避妊薬や緊急避妊薬も格段に進歩していますが、それでもお客からサービス中に妊娠させられてしまう、というケースも経験談としてゼロではありません。万一、仕事が理由で望まぬ妊娠をしてしまった場合にはただちに産婦人科を受診し、専門医に相談することが先決です。

ソープ嬢の妊娠の最大の問題点は、相手の男性がわかりにくいことです。女の子のほうもお店でしかセックスしない、というわけではなく、プライベートでもセックスを経験している、というケースがほとんどです。

妊娠の初期段階では兆候がまだ表れず、その時期に複数の男性と避妊抜きでセックスをしてしまうと万一妊娠した場合に父親がわからず、責任の所在が特定できなくなってしまいます。

女性のほうも、一瞬の油断が一生の後悔につながることを充分に理解しましょう。