ソープランドのプレイで初心者が心がけること

男にとってのオアシス、ソープランド。何でもかなえてくれる楽園ではありますが、もちろん無法地帯ではないため、禁止されているプレイも少なくありません。

また、お店側のほうで禁止されているわけではなくても、女の子の体調によってはNGになったり、女の子のほうから個別に禁止行為に設定されているプレイもありますので、注意が必要です。風俗遊びでお店からも、女の子からも嫌われないためのポイントについてまとめてみました。

家でシャワーを浴びていこう

風俗遊びにかぎらず、女の子との普通のデートでも清潔さは非常に重要です。確かに、ソープではプレイ前にシャワーを浴びることができますが、やはり、来店前にシャワーを浴びていくのがマナーです。

また、高級店では即尺といって、男性がシャワーを浴びる前にたとえばエレベーターなどでキスやフェラチオなどのサービスをしてくれるところもありますので、女の子から「この人は汚い」という印象をもたれないようにするためにも、来店前に必ずシャワーをすませ、体を清潔にしておくようにしましょう。

女の子をコロコロ変えない

ソープにかぎらず、男性が女の子から嫌われる意外な理由として、「指名をころころ変える」というパターンがあります。

もちろん、お金を払うのは男性のほうですから、どの女の子を指名しようと自由といえば自由なのですが、たとえば毎回のように女の子を変えてみたり、プレイ中に女の子を値踏みしたりするような男性に対してはやはり、女の子のほうも信条的にネガティブな印象をもってしまいます。

女の子の好みがあるのは仕方ありませんが、あからさまにころころと指名を変えるのではなく、「どんな女の子にもいいところがある」というぐらいの気持ちである程度の期間様子を見るほうが結果的に女の子も喜びますし、サービスも良くなるかもしれません。

なお、これも風俗遊びの常識ですが、お店での指名料はほぼ100パーセント女の子のほうにバックされる仕組みになっています。毎回指名がもらえると思えば女の子のほうも張り切ってくれるでしょうし、「この人は本気で私を応援してくれてるんだ」という気持ちになって疑似恋愛のような関係にも近づいていきます。

指名をころころと変えてしまうのは、あるいは、女の子の容姿にこだわりすぎているのかもしれません。風俗遊びが長くなると、男性としてはついついウィンドウショッピングのような気分で女の子を選ぶようになりますが、それはとても失礼なことです。風俗はあくまで生身のサービスを楽しむところですから、女の子の内面もきちんと注目し、疑似恋愛をするつもりでプレイを楽しむことがひとつのたしなみです。

爪切りも必須

ソープでは女の子の素肌にふれるわけですから、爪の長さも細かくチェックされるのは当然です。たいていのお店ではプレイ前にスタッフからのチェックが入り、爪が基準よりものびている場合はたとえ予約していてもその時点で入店を断られることになります。

高級店では、女の子のアソコへの指入れが標準サービスとして許可されていることが多く、その際に爪がのびていたり、不潔だったりしては女の子に失礼にあたります。

まとめ

初心者がソープのプレイで心がけること、というとなおさら敷居が高いようですが、要するに人としての常識を守る心がけのことで、決して難しいことではありません。特に清潔さには充分に気を遣い、女の子のほうも気持ちよくプレイがつづけられるように心がけましょう。