初心者がソープランド通いで満足するポイント

まったくの初心者がいきなりソープランド通いをはじめるとなると、それなりに勇気が必要になるようです。しかも、お店でしっかり満足するためには事前におおよその予算を把握しておかなくてはなりませんし、指名システムについても詳しく把握しておかなくてはならないでしょう。

ここでは、風俗ビギナーがソープ通いにあたってぜひとも参考にすべき基本的なポイントについてまとめてみました。

 

まずは予算に合う店を見つける

風俗の王様と呼ばれるだけあって、ソープ通いで満足するためには一定以上の軍資金を必要とします。店舗にはランクがあり、格安店、中流店、高級店、超高級店の順に基準価格が上昇します。

一般的に、格安店は総額で約15,000円です。一方、超高級店になると最短コースでも50,000円以上になるので、まずどのランクのお店で満足したいのかを見きわめたうえで、予算に合ったソープランドを選択することが重要です。

ほとんどの店はクレジットカードの分割払いを使用することができますが、風俗店の場合、決済手数料は価格の約15%なので、手元に資金があるのであれば現金決をお勧めします。最近では、格安店よりもさらに激安店が増えていますが、女の子のレベルが確実に低下し、病気のリスクが高まることも懸念されるため、ソープ通いでしっかり満足したいのであれば中堅店以上が安全かもしれません。

 

ひとりの女の子を応援してみる

今日では、ほとんどの風俗店が公式サイトからの予約システムを確立しています。サイトには女の子のプロフィールページがあり、予約フォームへのリンクがその画面に添付されている場合は、サイトで直接予約情報を入力でき、クレジットカード決済がおこなえるお店であればサイト上からの決済をすませることもできます。

これはいわゆるオンライン指名とよばれるもので、料金は1000円~2000円、店舗によっては無料です。このパターンでも、修正がより難しい動画をチェックすることで、素顔に近い女の子をチェックすることができます。店内の写真を見るよりも指名リスクが低いと言われています。

さらに、クーポンとキャンペーン情報が定期的に店のウェブサイトに掲示されるので、予約をせずともこまめにサイトをチェックすることはより有益です。

風俗業界では、同じ女の子を複数回指名することを本指名と呼びます。指名料は1000円から3000円まで多少変動しますが、サービス料が高い高級ソープランドなどでは無料になる場合があります。

 

マナー違反は絶対にしない

これは風俗通い以前に、人と人とのコミュニケーションの問題として、マナー違反は絶対に禁物です。コンドーム着用、火気厳禁、酒気厳禁などサイトに明記されているルールはもちろんのこと、それ以外にも、女の子によって嫌がる行為はいろいろと違ってきますので、「通りいっぺんのマナーをおさえておけばとりあえず大丈夫だろう」などと安易に考えることなく、女の子と正面からとことん向き合うつもりで、女の子を心から楽しませてあげようとするのが風俗通いを楽しむコツにつながります。

まとめ

初心者がソープ通いで満足するためには、基本的なマナーやルールはもちろん、いくつかの心構えをおさえておく必要があります。ソープといえども結局は人と人とのコミュニケーションですので、風俗嬢だから何でもしてくれるだろうと安易に考えることなく、まずはひとりの女性としてしっかりリスペクトすることを心がけましょう。