風俗上級者がソープ通いで心がけていること

ソープランドでは「高いお金を払っているのだから何をしても許される」という態度は決して許されません。そのような身勝手な心がけでは女の子から嫌われてしまいますし、最悪の場合はお店を出禁になってしまう可能性も充分にあります。風俗通いの初心者が上級者から見習うべき心がけについて詳しく見ていきましょう。

 

女の子の個人情報を深くきかない

ソープの常連になれば個人的に女の子と付き合うことができると思う男性がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

ほとんどすべてのソープランドでは、女の子と客の間で連絡先を交換することは禁止されており、発見された場合に双方が不利益を被ることは珍しいことではありません。

非常にまれなケースでは、女の子が個人的に店外でのデートをするように誘いをかけ、連絡先情報を与えられるかもしれません。仮に金銭授受をともなう関係をもつならば、それは売春であるのであなたは刑事罰の対象となるでしょう。

楽園はあくまで楽園であり、ひとつのファンタジーとして楽しむのが紳士の心得かもしれません。

 

会話のテクニックを磨く

風俗は男性にとって夢の楽園です。ただ、「お客を楽しませることが風俗嬢の仕事」ととらえているのは、大きな間違いです。風俗通いを最大限に楽しむには、考え方を変え、コミュニケーションのテクニックを磨いて女の子を楽しませることをお勧めします。

コミュニケーションの基本として、女の子のオフに関するすべての質問はNGであり、そのような質問は非常に失礼な行為です。女の子は敏感なので、そのような男性は一瞬で見下される可能性があります。

女の子のプロフィールを聞こうとするのもNGです。特に、スリーサイズをしつこく聞きたがる男性がいますが、そのようなことをしても女の子を不快にさせるだけです。

一番の心がけとして、女の子を徹底的に尊重することが重要です。風俗嬢をひとりの女性としてリスペクトをしているという心がけを持っているならば、あなたは風俗店でも女の子を自然な会話で楽しませることができます。

 

セックスはおまけだと考える

逆説的かもしれませんが、風俗店において性的な接触はある意味でおまけのようなものです。風俗店にはいろいろと細かいルールが設定されていますが、ひとつひとつの規則はきわめて単純で、「女の子を不快にさせない」という観点に基づいているため、すべての規則を理解するのは簡単です。

風俗店では、衛生面に特に注意しています、特に、高級店では爪は受付の段階でチェックされ、極端に長いと判断されればその場で切られるかもしれません。

性感染症のリスクについても完全に管理しており、服を脱いでいるときに性感染症の兆候が見られた場合、サービスは中断されるか、予約はキャンセルされるかもしれません。

女の子は性感染症の面でもプロですので、陰茎の少しの変化を見逃すことはありません。服を脱いだとき男性はすでに臨戦態勢になっており、サービスが突然中断されるとは我慢できないかもしれませんが、1回の行為だけで性感染症は簡単にうつるものであり、それはとりもなおさず、性感染症を何百人もの男性に広めるのと同じです。

むしろ、性感染症を早期に発見してくれた女の子に感謝し、すぐに専門医療機関に行ってください。

まとめ

風俗初心者がお店になかなかなじめないのは、厳しい言い方ですが、あなた自身に原因があるのかもしれません。女の子のプライベートを必要以上に詮索しない、体を常に清潔にする、コミュニケーションスキルを磨くなど、初歩的な心がけをひとつひとつ徹底し、まずは女の子と対等な関係を築くことを心がけましょう。