目的で選ぼう!ソープとデリヘル

風俗初心者の中には、「デリヘルはお風呂に入らないソープランド」だと理解している人も少なくないようです。ただ、ソープとデリヘルでは風俗のなかでも明確に区別されており、サービス内容にも明確な違いがあります。ソープランドとデリヘルの目的の違いについて具体的に見ていきましょう。

ソープは店でデリヘルは家

一番の違いはやはり、サービスが行われる場所です。ソープランドは完全な店舗型ですが、デリヘルは自宅や指定したホテルなどに女の子が派遣され、性的なサービスを受ける、というシステムになっています。

歴史的な流れでいえば、やはりソープランドが風俗の王様と言われるだけあって歴史が古く、そもそもは江戸時代の遊廓、吉原にその起源がさかのぼると言われています。

日本では長らく店舗型の風俗店が主流とされてきましたが、昭和33年の赤線廃止、および売春防止法施行以降、大規模な歓楽街における浄化が進められ、店舗型風俗店は売春の温床や景観の悪化につながるとして一斉摘発の対象となりました。

国を挙げた本格的な浄化作戦により、特に東京都内の店舗型風俗店はその多くが摘発対象となり、少なくとも同じエリアでの新規営業ができない状況となりました。

そのような時代背景のなかでじわじわと台頭してきたのがデリバリーヘルスです。法律的には派遣型風俗店として位置づけられているデリバリーヘルスは当時の一斉摘発の対象にはならず、言わば法律の網目をかいくぐるようなかたちで認知度を高め、リピーターを地道に囲い込んできたという経緯があります。

また、業者側にとってもデリバリーヘルスはメリットが大きいと言えるでしょう。第一に、デリバリーヘルスはソープランドなどとは異なり物理的な店舗を構える必要がないため、本来店舗にかけるべき固定費を大幅に削減することができ、その分を女の子たちに支払う人件費にまわすことができます。

固定の店舗をもたなくて良いということはつまり、お客が来ない間のコストも発生しないということですので、店舗型風俗店に起こりがちな「開店休業状態」をさけることができるという大きな強みがあります。

デリバリーヘルスといってもかつては待合室を用意し、女の子たちの休憩場所を用意していましたが、新規に営業するデリバリーヘルスでは待合室さえも省略し、女の子にはそれぞれの自宅から直接出勤させることでさらなるコスト削減につなげている店舗が主流になっているようです。

また、日本ではデリヘルとよく似た業態に、ホテトルがありました。ホテトルとは言ってみれば「ホテル限定のデリバリーヘルス」という営業形態で、店舗型風俗店とならんで一時期は風俗の主流となっていましたが、ホテトルのほうが時代とともにいわゆる反社会的勢力とのつながりを深め、売春の温床と化してしまったことから法的規制の対象となり、現在は全面的に廃止されています。

それぞれのメリット

風俗の業態ごとのメリットについて詳しく見ていきましょう。まず、ソープランドは何といっても「女の子と本物のエッチができる」という大きな目的がありますね。デリバリーヘルスでもオプション料金を支払えばアナルファックは可能ですが、本物のセックスとアナルファックでは男性側の快感がまったく違いますし、そもそもアナルはセックスのための器官ではないのですから女の子のほうも少なからず痛みを感じるようです。

エッチが第一の目的でなくても、ソープランドではプライベートではなかなか楽しめない特別なプレイが実践できる、というメリットがあります。特に、潜望鏡や泡踊りなどは特有のサービスであり、「ここでしか堪能できない!」という類のサービスでもありますので、来店した際にはぜひとも思いきってリクエストしてみましょう。スケベイスなどのアダルトグッズがオプションとして利用できるというのも大きなメリットと言えるでしょう。はじめのうちはリクエストするのが恥ずかしいかもしれませんが、慣れてくるとけっこうクセになるものですよ。

一方、デリバリーヘルスのメリットといえばやはり、自宅にいながらにしてサービスが受けられる、という点が挙げられます。ソープランドの場合、たいていのお店が繁華街からはずれたところにあり、送迎サービスがあるといっても通うのが億劫になりそうですが、デリバリーヘルスならば自宅にいながらにしてエッチなサービスを受けられますし、ラブホテル派遣にしても駅前のホテルを指定すれば通う時間もかかりません。

デメリットも把握しておこう

店舗型風俗店のデメリットはとにかく、「通うのに時間がかかる」という点が挙げられます。特に、ソープランドは営業できるエリアがかぎられていますので、どうしてもほとんどの店が駅前からある程度距離の離れた専用のエリアに密集することになります。

ほとんどのお店が最寄駅からの送迎サービスを実施していますが、お店の空き状況によっては送迎サービスを利用できない場合もありますし、そもそも、風俗の送迎者に乗るのはちょっと恥ずかしい、という男性も少なくないようです。また、最近では風営法の改正によって営業時間が限定されており、昔のように24時間営業というのは原則として違法となっており、仕事で連日帰りが遅くなる、という男性にとっては少しばかりハードルが高くなっているかもしれません。

一方、デリバリーヘルスのデメリットは、自宅派遣の場合はまずお店側に住所が知られてしまう、という点が挙げられます。ただ、この点については、風俗店のほうも昔のように個人の自宅にまで営業のビラやチラシを送らない時代になっていますので、まあ、住所を知られたとしても特に問題はないかと思われます。

ただ、家族がいる場合はやっぱり、デリバリーヘルスは利用しにくいですよね。ホテル派遣にしてもホテルに行ったという証拠そのものをうまく隠さなければ家族にバレてしまいますし、サービス料金とはまた別にホテル代も必要になりますから、コスト的にはその分割高になってしまいます。

また、ひとり暮らしであっても深夜の利用となればインターホンの音だけでもどうしても近所迷惑になってしまいますし、ご近所さんにデリバリーヘルスを呼んだことが感づかれて気まずくなってしまう、というようなデメリットが考えられます。

デリヘルなら女の子を口説きやすい?

風俗上級者の間では「デリバリーヘルスのほうが女の子を口説きやすい」という噂が広まっているようですが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

確かに、デリバリーヘルスではいわゆる店舗型風俗店とは異なりスタッフの目が行き届かないため、女の子をサービス中にうまいこと口説いて店外デートにつなげやすい、ということは言えるかもしれません。

ただし、デリバリーヘルスであってもお店としては店外デートは禁止であり、女の子との連絡先交換そのものを違反行為として定めているお店も少なくありませんので、むやみやたらに女の子を口説くのは得策とは言えません。

まとめ

風俗のサービスを充分に堪能するためにはまず、業種ごとの目的とサービスの特性について深く理解しておく必要があります。それぞれのメリット、デメリットを慎重に比較したうえで、自分のライフスタイルに合ったお店を選びましょう。