ソープで働く前にチェック!性病トラブルを回避するための基礎知識

風俗のお仕事で最も危険なのは性病トラブルだと思います。知識がなく、放置してしまうと感染を拡大してしまうことにも繋がりますし、最悪なケースでは死に至ってしまう病気もあります。少しの体調の変化であっても、このような仕事をしていくのであればチェックを怠らないことが大切なことなのではないでしょうか。そこで、今回は感染が多く見られる性病をいくつかピックアップしてみましたので、性病回避の参考にしてください。

クラミジア

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌による感染症です。近年ではソープなどの風俗の仕事をしている方だけではなく、性に自由な若者にも多く発症しています。特に女性の発症率が高く、男性の約2倍と言われていて、女性の70%から80%、男性の50%が無症状だそうです。菌自体は非常に弱く、体内から出てしまうと長く生きることができません。その為、性的接触以外で感染することはほとんどないので、性交渉以外の日常生活ではそこまで心配する必要はないようです。主な感ルートは、通常の性交渉や口腔性交、肛門性交によるものです。

女性の症状は、下腹部痛、性交痛、排尿痛、帯下の増量、不正出血などですが、無症状の方も多くいるので、症状がなくても安心はできません。もし、感染しているのに無症状で放っておいてしまうと、子宮外妊娠や不妊症の原因、または骨盤腹膜炎、肝周囲炎となってしまう場合もありますので、注意するようにしてください。また、妊娠時に感染していると、生まれてくる赤ちゃんが産道感染をおこしてしまう危険性も高くなってしまいます。

男性の場合は、尿道から分泌物が出てきたり、排尿時痛や尿道のかゆみや違和感や不快感などが多いです。感染に気が付かないで放っておくと、男性不妊症の原因となることがあります。治療は基本的に抗生剤を用いて行います。治療する上で飲み残しや飲み忘れのないようにすることが最も大切なこととなります。重症の場合は点滴を用いる場合もあるようです。症状がなくても気になる方は定期的に検査を受けるようにしましょう。

淋病(りんびょう)

淋菌という細菌により引き起こされるの性感染症が淋病です。この病気も比較的性に自由な若者の間で多く見ることができます。女性は無症状の場合が多いのですが、男性は症状が出やすいと言われています。男性は主に尿道に感染して、女性は子宮頚管に感染しますが、口腔性交をしたことにより咽頭に感染してしまうことも珍しくありません。肛門性交による直腸への感染や、菌が付着した手で眼を触ってしまったことによる眼感染も見られます。

男性の場合は、潜伏期間が2日から7日ほどです。潜伏期間を経た後に、排尿痛や尿道からの分泌物などの症状が現れます。排尿痛の痛みは人それぞれで、激しい痛みを伴うこともあれば、軽い痛みのこともありますので、あまり強い痛みではないからと言って安心してはいけません。尿道からの分泌物は黄色や白色に近い色の膿が出てきます。中には症状があまり出ない方もいますが、放っておくと淋菌性急性前立腺炎となってしまう恐れもありますので、注意しましょう。

女性は、無症状のことが多いのですが、もし症状が出るならば排尿痛や不正出血、下腹部痛や帯下の増量などがあります。もし、無症状で治療せずにいると男性に移してしまう危険性が高くなってしまいますので、特に風俗店などで働く場合には定期的な検査が重要です。また、女性自身も放置しておくと卵管宛や卵巣炎、骨盤腹膜炎と感染が広がってしまう恐れがあります。

治療は、抗生物質を使用します。適切な抗生物質を指示された期間飲み続ければほとんどの場合は完治しますが、念のため7日以上の休薬期間を置いた後に検査を受けて本当に完治したのかどうかを確認すると良いでしょう。

梅毒(ばいどく)

近年特に若い女性に急増している性感染症が梅毒です。梅毒は、梅毒トレポネーマという病原菌が主な原因となっています。感染経路は主に性行為です。感染部位と直接接触した粘膜や皮膚などから感染します。具体的に言うと、通常の性交渉や肛門性交、口腔性交などです。感染してしまうとさまざまな症状が現れますが、症状が出ない期間もあるため、気付かずに感染が拡大してしまうケースも少なくないようです。

症状は、感染から経過した期間により異なってきます。まず、感染から3週間ほどの初期段階で感染してしまった部位にしこりや潰瘍ができたりすることが多いですが、特に痛みはありません。だいたい2週間から3週間ほどで軽快してきますが、治ったわけではありませんので、他に感染する可能性は高いです。

初期段階から治療せずに放置しておくと、感染後3か月から3年ほどで病原体は血液によって全身に運ばれてしまい、体全体に赤い湿疹がうっすら出現してきます。この湿疹は一時的に消えたり出てきたりしますが、消えたとしても治療をしない限りは病原体は体内に残ったままです。その後、感染から3年以上経過しても無治療のままですと、皮膚や筋肉、骨などに腫瘍ができ、複数の臓器に病変は生じてしまいます。最悪の場合は死に至ることもありますので、決して放置はしないでください。

放置すると死に至ることもありますが、抗菌剤をきちんと医師の指示通りに服用、または点滴すれば完治する病気ですので、定期的に検査をし、感染を広げないという意味でも早めの治療を心掛けましょう。

HIV感染症(エイズ)

HIVとは、HumanImmunodeficiencyVirus(ヒト免疫不全ウイルス)のことで、細菌やウイルス、カビや病原体からヒトの体を守るのに重要なTリンパ球やマクロファージに感染します。主な感染経路は、「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」です。

感染経路の中で最も多いのが性的感染で、ソープなどで働く方々に気を付けていただきたいこととなります。ウイルスを含んでいる精液や膣分泌液、血液が性行為により性器、肛門、口内などの粘膜や傷口などから体内に入り、感染してしまいます。性交渉、口腔性交、肛門性交で感染してしまう危険性が高いので、コンドームの装着などできちんと予防しましょう。

血液感染は、静脈注射をする際の注射器の共有などで感染します。例えば覚せい剤を使用する時に回し打ちをしてしまうと、感染してしまう可能性が高いです。献血と輸血による感染も絶対にないとは言い切れませんが、日本では血液凝固因子製剤は加熱処理がきちんとされているため、ほtんどの場合が安全と言うことができると思います。母子感染は、妊娠中や出産時に母親がHIVに感染していると子供に感染してしまう危険性があります。この場合、母親が薬を内服することで約0.6%以下まで子供への感染を防ぐことができているということです。また、授乳でも感染してしまう恐れがありますので、避けてください。

感染して2週間から4週間ほどで発熱やだるさ、のどの痛みなどの風邪やインフルエンザの症状によく似た症状が出てきますが、数日から数週間で消えてしまいます。その後何も症状が出ない期間が続きます。人によっては10年や15年症状が出ないケースもあるので、気付かないことも少なくありません。発症してしまうとエイズになるので発症させないための治療薬の服用が非常に大切です。

まとめ

いくつか、ソープや風俗店で働くために必要な性病の基礎知識をご紹介しました。中には、症状が出ないケースもあり、そのために治療が遅れてお客様に感染してしまう恐れのある病気もあります。サービスを提供する側として、症状がなくても定期的な検査は忘れないようにしましょう。

当然、自分の体を大切にするという意味でも検査は大切ですよ。働くお店選びの際に、お店側で定期検査してくれるか否を確認するのも一つの手段かもしれませんね。