初心者向け!ソープ通いにおすすめの情報

「ソープ通いは男のロマン」と言われていた時代がありました。不況が深刻化する昨今、風俗業界のほうも全体的に斜陽にさしかかっており、売上的にも頭打ちとまで言われていますが、そんな時代にあってもソープランドは依然として堅調で、時代ごとのニーズを巧みに取り込みながら業態を拡大させています。風俗初心者がソープ通いをよりいっそう楽しむためのおすすめ情報について御紹介していきます。

ソープのおすすめエリアは?

日本有数の歓楽街と聞いて、皆さんはどのようなエリアをイメージなさるでしょうか。古くからいわゆる風俗店として知られるエリアとしては関東なら新宿歌舞伎町、関西ならミナミ、九州では中洲、北海道であればすすき野、といったところが挙げられますが、大規模な風俗街はそれだけではありません。

エリアごとの特性も風俗通いにあたっては参考にする必要があります。比較的リッチでラグジュアリーな高級店が集中しているのが川崎堀之内エリアであり、この付近は歴史的に見てもソープランドが主流になる傾向があります。新宿歌舞伎町も関東圏では名だたる歓楽街ですが、こちらのほうはどちらかというと雑多な印象で、高級店から激安店まで、とにかくさまざまなタイプの風俗店がひしめき合っている、というイメージですね。

業種をもう少し広げて考えれば、京急沿線である蒲田もまた風俗の穴場スポットであり、創業30年を超える老舗のソープランドや、リーズナブルな料金でサービスが受けられるヘルスやピンサロなど、どちらかというと庶民的な路線を狙っているようです。同じく庶民的な路線でいえば、巣鴨、大塚界隈も意外な穴場と言えるかもしれませんね。巣鴨で風俗街というとイメージ的に結びつかないかもしれませんが、大通りから路地を一歩入れば驚くほどたくさんのヘルスやピンサロがずらりと並んでいるものですよ。

都心に近いということでいえばやはり、渋谷などの山手線沿線もおすすめですが、渋谷はどちらかというと料金相場が低いイメージで、総額で10000円以下という激安ソープもめずらしくありません。

東京都内はもう遊びつくした、という男性は、思いきって郊外エリアまで足をのばしてみましょう。郊外エリアの風俗店もおすすめで、物件の家賃や土地の坪単価が低い分だけベースのサービス料金もおさえられており、同じサービスでも東京都内よりも数千円ほど安い料金で満喫できる、ということになっています。

いずれにせよ、ひとつのエリアに絞り込むのではなく、初心者のうちからできるかぎりあちこちのエリアに足を運び、風俗遊びの見聞録を少しずつ深めていきましょう。

種類も細分化している

ソープランドにかぎらず、日本では全国的に風俗業界の細分化と多様化が進んでいます。当然それは、男性側のニーズにこたえて、ということになるのですが、「日本の風俗業界がどのような経緯で細分化し、拡大していったのか?」ということを俯瞰的に眺めてみるだけでも教養として役に立ちます。

ここ数年の風俗業界でじわじわと主流になりつつあるのがオナクラです。「カジュアル風俗」というまったく新しいジャンルに分類され、定着しつつあるオナクラはまず、女の子が脱がない、というところに最大の特徴があり、基本的には手コキのみの性的サービスとなっています。

風俗店のようで風俗店ではない、という曖昧な位置づけになっているのがガールズバーです。ガールズバーは性的サービスを提供するようなお店ではありませんが、法的には風営法の管轄であり、教育機関のすぐ近くに建設してはいけない、という細かい規制がかけられています。女の子との距離がカウンターひとつで隔てられている、というのも大きなポイントで、女の子がカウンターを超えて客にサービスを提供してしまうと法律違反になってしまうのです。複雑でわかりにくいルールですよね。

昔から人気のデリヘル業界にも、じわじわと細分化の波が押し寄せています。カジュアル風俗とならんでここ数年のトレンドとなりつつあるのが「マイノリティ風俗」です。マイノリティ風俗とはずばり、社会的弱者をメインターゲットに据えた風俗店のことで、もともとは普通のデリヘルだったところがマイノリティも受け入れるようになるパターンと、最初からマイノリティ向けを掲げてスタートするパターンがあるようです。

マイノリティ風俗ではコンパニオンの女性にも専門知識が求められ、平日は介護士や看護師として働いて生計を立てている、という女性がスカウトされるケースも多いようです。

マイノリティ風俗には、もうひとつの意味があります。それは、「マイノリティの女性が働く風俗店である」ということ。都内のデリヘルでも、身体障害や知的障害を負っている女性がコンパニオンとして働くケースが増えており、社会的な受け皿となっている側面もあるようです。

事前リサーチでワクワクドキドキ

ソープ通いで絶対に損をしたくないのならやはり、お店選びの段階でかなり入念な情報収集を行うべきです。風俗上級者ともなると土地勘のないエリアにわざわざ足を運び、直感だけで風俗店を見きわめる、という芸当も得意にしているようですが、それはあくまでも百戦錬磨の上級者にこそ許される冒険であり、初心者が安易な気持ちでマネできるものではありません。

自分に合った風俗店をゼロからピックアップする場合、今の時代であればお店のウェブサイトがおもな情報源になりますが、ただ漫然とサイトの情報をチェックするだけでは充分とは言えません。たとえば、ウェブサイトにはお店に在籍する女の子のプロフィールが写真付きで紹介されていますが、この写真というのがけっこうなくせ者で、ほとんどのお店が写真を加工、修正していると考えておいたほうが良いでしょう。

その点、動画であれば写真よりも加工や修正がしにくいため、「パネマジに騙されたくない!」という男性は必ず動画のほうも合わせてチェックしておきましょう。言い換えれば、お店のウェブサイトに動画を公開していないようなところはパネマジ覚悟で遊んでください、といっているようなものですから、初心者のうちはあまり近づかないほうが良いでしょう。

未来の風俗を予想してみる

日本の風俗業界はソープランドを含め、今まさにひとつのターニングポイントにあると言えるでしょう。サービス料金のデフレ化や業態の多様化などの変化の波が押し寄せているなかで、ソープランドがどこまで生き残っていけるか、ということが正念場になっていくと見られています。

あるいは、風俗通い、という習慣そのものが消えてなくなるかもしれません。ただ、その場合でもVRなど、性欲を満たす手段の需要はなくならないはずであり、その意味では風俗業界は消えたとしても風俗嬢はなくならない、ということになっていくでしょう。

まとめ

慣れない風俗通いで不安のほうが大きい、という風俗初心者はまず、おすすめ情報について徹底的にリサーチしましょう。女の子についてリサーチする時は写真よりも動画がおすすめで、プロフィール情報を細かくチェックしておくと実際に来店した時の会話のネタとして活用することができます。