経験談も参考に!ソープで働くうえで気をつけるべきこと

ソープランドにかぎらず、どんな職業でも未経験の人にとってはいろいろと不安がつきまとうものです。とりわけ風俗業界ではどうしても男性の前で生身をさらし、濃厚な接触をすることになるため、働くにあたっては先輩たちの経験談を参考にしつつ、女性として注意すべきポイントをしっかりとおさえておく必要があります。この記事ではこれからソープランドで働こうとしている女性たちのために、風俗のプロとしての心構えを経験談を通して具体的にまとめていきます。

何よりも性病に注意

風俗業とそれ以外の職種で決定的に違うことといえば、やはり性病のリスクです。特に、ソープランドでは風俗の王様と言われるように、フェラチオからアナルファック、いわゆる本番行為まで、性的接触はかなり濃密になりますので、性病のリスクも急激に高まってしまいます。

挿入時に関しては、ほとんどのお店がコンドームの着用を義務化しており、エイズなど性感染症の罹患率は劇的に下がっています。しかしながら、一部の激安店などではコスト削減の観点からコンドームを使わない、いわゆる生のセックスをスタンダードにしているところも少なくはなく、当然、そのようなお店ではどうしても性病にかかるリスクが高まってしまいます。

一方で、高級店以上であれば無条件で安心というわけではありません。高級店であっても、いや、高級店であるからこそ「コンドーム抜きのセックス」というものをひとつの売りにしていることが多く、男性のほうにも「高級店なのだから生でできて当然」という期待を抱いているのが事実です。

また、性病がうつるのは挿入時ばかりではありません。口唇ヘルペスなどはフェラチオなどのオーラルセックスからでも充分に感染のリスクがありますし、性病もウイルスですので、原因となるウイルスが口から取り込まれれば血管にも入り込み、全身でさまざまな症状を引き起こします。

風俗店での性病は、女の子ひとりの努力で予防できるものではありません。お店側のほうも「性病は絶対に許さない」というスタンスを徹底し、病気のチェック体制をととのえることで性病が蔓延するリスクを大きく引き下げることができます。また、性病について気軽に相談しやすい環境づくりをお店側のほうが意識することによって、万が一女の子が性病にかかった場合でもすぐに相談することができ、迅速な対応へとつなげることができます。

男性側も意識を変える必要があります。コンドームひとつで予防できる性病を一時の快楽のために予防しないのは、男性側の怠慢です。最近では着けている感覚のほとんどない極薄タイプのコンドームが増えていますので、女性にとっても男性にとってもセックスが存分に楽しめる状況になっています。

男性のプライドを傷つけない

風俗のプロとして求められるのはまず、「男性を気持ちよくするおもてなし」です。ここでいう「気持ち良さ」とは単にセックスの快楽ではなく、お客様として、心地良い環境でサービスを受けていただき、支払ったお金以上の満足感を得たうえで帰っていただく、というサービス業の心構えを指します。

そのためには男性のプライドを傷つける言動は、絶対にNGです。男性はプライドの生き物ですので、たとえ女性のほうにその意図がまったくなかったとしても、本当に何気ない一言によって著しくプライドが傷ついたり、気分を害したりするものです。

風俗のサービスにおけるNGワードとしてはまず、外見に関する言葉かけが挙げられます。特に、性器まわりの発言については慎重になる必要があり、「小さいね」、「大きくなくても気にすることないよ」などの言葉はほぼ間違いなく男性を傷つけますので注意しましょう。女性としては男性を気遣ったつもりかもしれませんが、男性の脳内では瞬時に、「俺ってそんなに小さいんだ」という風に変換されてしまいます。

ただ、だからといって大げさに「大きいね!」などとおだてれば良いというわけではなく、見え透いたお世辞はかえって逆効果となります。女性としては、不必要に言葉を重ねるよりも、実際の挿入時に「奥まで入って気持ちいい」、「入ってること、ちゃんと感じるよ」という風に自然なかたちで快感を表現してあげたほうが男性の気分も盛り上がります。

男性の内面や職業についてさりげなくほめてあげるのもGoodです。風俗店では意外と、社会的ステータスの高い職種の男性が常連になっている場合が多く、現役の医師や弁護士、職業を聞いてびっくり、ということも少なくありません。

男性は女性が思っている以上に単純な生き物ですので、「弁護士さんって頭いいんですってね」なんて言ってあげるだけでも気分が良くなります。会話の流れでさらりと年収を聞いてあげるのも意外と効果的です。

店外デートはおすすめできない

ソープランドに勤める現役風俗嬢の経験談から共通して言えることは、「お客との店外デートは避けたほうがいい」ということです。同じ男性から続けて指名されると、そのうちにさりげなく連絡先を聞かれたり、店外デートに誘われたりすることがあります。たいていのお店では原則としてコンパニオンとの店外デートが禁止となっていますが、風俗は何しろマンツーマンのサービスになるため、それ以上のやり取りについてはお店側としても介入はできない、ということになるようです。

キャリアの浅い女の子は、男性から嫌われたくなかったり、さらなる指名を確保したい、という一心からついつい店外デートの誘いを断り切れない人も多いかもしれません。また、「裏営業」と称して、より効率よく風俗嬢として稼ぎたい、という思惑から女性のほうから積極的に店外デートを持ちかけ、セックスをさせている、というケースも増えているようです。

ただし、お店の外での金銭を介入した性行為は言うまでもなく売春行為であり、罪に問われてしまいます。それに、一度連絡先を交換すると男性からの要求もさらにしつこくなり、行き過ぎればストーカーなどの問題行為に発展する可能性があります。

避妊は絶対

風俗嬢の妊娠が社会問題化しています。それは言うまでもなく、ソープランドでのプレイが原因であり、男性と女性双方の油断が招いた悲劇であるとも言えます。

妊娠については、男性のほうの要求を女性のほうが断り切れなかったパターンと、女性のほうから人気を取るために生のセックスを許してしまうパターンに分かれますが、いずれにせよ、それによって引き起こされる結果は同じです。

コンドームはもちろんのこと、女性のほうも経口避妊薬を毎日服用し、自分自身の心身を守りましょう。

相談窓口をつくる

風俗嬢として働くうえで何よりも大切なのは、普段から相談窓口を確保しておくことです。風俗嬢をサポートする相談窓口としては、お店はもちろんのこと、警察、弁護士、医療機関などがあります。それぞれに得意分野がありますので、トラブルになる前から特性をよくリサーチしておきましょう。

まとめ

どんな職種で働くにしても、あらかじめ先輩たちの経験談をリサーチし、トラブルの対処法について具体的にシミュレーションしておくことは非常に重要です。性病、妊娠、ストーカー、暴力。あらゆるパターンのトラブルを視野に入れたうえで綿密な対策を立て、自分自身が被害者にならないように工夫しましょう。