ソープで働くにはメリットとデメリットどっちが大きい?

風俗業にかぎらず、どんな職業にもプロとして働くからには必ずメリットとデメリットの両輪があります。ここで大切なのはメリットとデメリットを慎重に比較し、自分にとって無理なく働ける職場であるかどうかを冷静に判断することです。この記事では、未経験の女性でも安心して風俗という世界について理解できるよう、ソープランドで働くうえでのメリットとデメリットについて具体的に検討していきます。

ソープで働くメリット

ソープランドで働くうえでどこに魅力を感じるか、というのは、その人が何のために風俗嬢になりたいか、ということによっても変わってきます。

一般的に言えば、風俗嬢として働きはじめるきっかけとしてはやはり金銭的なインセンティブが大きいようです。サービス単価が数万円というソープランドの平均給与水準は同世代の会社員よりもはるかに高く、「一度でも風俗で働くと真面目にこつこつ働くのが馬鹿らしくなる」という女性も多いようです。

ただ、風俗嬢になったからといって必ずしも高水準の報酬がもらえるとはかぎらず、たとえルックスが抜群でモデル並みであってもコミュニケーションが苦手だったり、男性に対して上から目線で接したりしていれば人気はおのずとなくなり、指名どころかフリーの客さえもなかなかつけてもらえなくなります。簡単に稼げるほど甘い世界ではない、ということを肝に銘じておきましょう。

報酬面以外でのモチベーションとしては、スキルアップが期待できる、ということが挙げられます。ここでいうスキルアップとはより広い意味で、男性を性的に歓ばせるテクニックばかりでなく、接客業としての基本的なマナーや礼儀作法も含まれます。

そう、風俗は接客業なのです。いや、究極のサービス業といってもいいかもしれません。

言い換えれば風俗をサービス業としてとらえることができる女性でなければ風俗嬢として長く働くことはできないかもしれません。男性にとって風俗に通う目的はもちろんエッチもありますが、それ以上に、「生身の女の子と楽しくふれ合いたい」、「たとえ短い時間でも極上のサービスを堪能したい」というモチベーションがあります。

「ソープランドは女の子が服を脱ぐキャバクラである」という言葉があります。つまり、お客様へのおもてなし、がつねに先に立つのであって、極端に言えばエッチなサービスは二の次なのです。

この点を充分に理解せず、手コキやフェラチオ、パイズリなど表面的なテクニックだけをひたすら磨いたところで、本当の意味で男性から可愛がられる風俗嬢になることはできません。

風俗嬢になる隠れたメリットとして、ダイエット効果があります。特に、女性が能動的にサービスを行うソープランドではカロリー消費量が想像以上に大きく、お風呂に入るということもあって夏場はひときわたくさんの汗をかいて効率よく痩せられるのだそうです。女性にとってはうれしい魅力と言えるのではないでしょうか。

ソープで働くデメリット

風俗業の大きなデメリットとして挙げられるのはまず、「長くはつづけられない」ということです。最近では熟女専門店も格段に増えており、40代以上の女性でも新たに風俗嬢として働きはじめるケースも主流になりつつありますが、それでも、基本的には若いうちにがっつり稼いでさっと引退する、という世界であることに変わりはありません。

過去を隠さなくてはならない、というのもまた、見過ごせない問題のひとつです。一度風俗嬢として働いてしまうとその事実が女性本人にとって「消したい過去」になってしまい、将来的に結婚して家族ができた時に絶対に打ち明けられない、というジレンマにつながってしまいます。もちろん、風俗嬢は決して世間的に恥ずべき職業ではありませんが、日本ではまだまだ風俗業に対する誤解や偏見が後を絶たず、風俗嬢だったという過去が明らかになった途端にお見合いが破談になった、というケースも実際に起きています。

同様の理由で、いわゆる「身バレ」にも警戒しなくてはなりません。身バレとは現在進行形で風俗店に勤めていることが家族や親せき、知り合いなどに知られてしまうことで、AV女優にとっても大きな悩みのひとつとなっているようです。

身バレが起きやすいのは意外にも、高級店以上のランクのお店です。高級店ではウェブサイトなどでもコンパニオンの紹介写真にモザイクをかけず、ほぼ素顔に近いかたちで姿が公開されることのほうが普通になっています。

どうしても身バレしたくなければきちんとモザイクをかけてくれるお店を選ぶほうが無難です。

性病のリスクもゼロではありません。ほとんどのソープランドでは原則として挿入時にはコンドームを着用しますが、フェラチオなどでも病気は感染します。前戯の段階でゴムを着用するお店は日本では少ないのが現状ですが、その前の段階で性病の兆候をきちんと察知し、少しでもあぶないと感じたならサービスそのものを断る、という勇気を持つことが自分の身を守ることにつながります。

ソープが合わないだけかも

風俗業といっても、その業態は年々細分化されています。ヘルスやピンサロはいわゆる風俗の主流として有名ですが、それ以外でも最近ではオナクラやガールズバー、セクキャバ、のぞき小屋などバリエーションはほぼ無限大です。

また、たとえば同じデリヘルでも障害者専門デリヘルや高齢者専門デリヘルなどメインターゲットが特化されたものもありますし、ぽっちゃりデリヘルや外国人デリヘル、熟女専門デリヘルなど、女の子の特徴ごとに特化したデリヘルも盛況です。

ソープとそれ以外の風俗の決定的な違いはずばり、本番行為があるかないか、ということです。本番行為があるだけでも女性のほうの肉体的負担は格段に大きくなりますし、女性によっては精神的に激しく消耗してしまうかもしれません。

毎日の本番行為で心身ともに疲弊するようなら、セックスのないヘルスやピンサロ、オナクラに移ってみるのもひとつの方法です。

悩んだら休養も大事

風俗でなくとも、働くにあたって悩みはつきものです。特に風俗業はマンツーマンのサービスになりますので、時には男性から不本意な言葉を投げかけられたり、やりたくもないプレイを強要されて心が傷ついたりすることもあるでしょう。

仕事の悩みは仕事で解決する、という考え方もありますが、本当に疲れきって前に進めなくなった時には思い切って長い休養を取るのが最善だったりします。

相談できる仲間をつくる

いざという時のために悩みやトラブルを相談できる窓口を確保しておくことも、風俗嬢として働くうえでは非常に重要です。同じ店舗の女性だとどうしてもライバル関係になってしまいますので、できることなら違う店の女性と交流し、仕事の不満やストレスを気軽に打ち明けられる環境をととのえておくことで、仕事の悩みに押しつぶされずにすむでしょう。

まとめ

風俗業はある意味で生身のサービスになるため、長く働いているとトラブルに巻き込まれるリスクがどうしても高まってしまいます。ただ、あらかじめリスクについて細かく理解しておき、それぞれへの対処法を具体的にシミュレーションしておくことで自分自身の身を守ることにつながります。