受けられるサービスは?ソープとピンサロの目的

ソープとピンサロの違いは、ただ単にサービス料金が安い、高いということばかりではありません。このふたつは風俗店、という大きなカテゴリに含まれていながらも、お店で受けられるサービスも違えば、お店に通う目的も異なります。この記事では風俗初心者の方々のために、上記のふたつだけでなく、さまざまな風俗の業態について細かく解説していきます。

ピンサロは風俗に入っていない

ピンサロはもともとピンクサロンの略で、その当時はクラブの簡易版として開発されました。ピンクサロンでは、女性は基本的に裸で性奉仕をしていますが、濃厚な奉仕はなく、フェラチオと手コキだけでの射精です。もちろん、ソープのようなサービスは許可されておらず、全体のサービス時間は合計で約30分であり、ソープと比べると短くなっています。

また、ピンクサロンの場合、法律で個室にすることは禁止されており、ほとんどの場合、フロアは単にいくつかのソファーと仕切りで区切られています。
明確な仕切りはないので、角度によっては他の客のプレイを見ることができるかもしれませんが、店内は基本的に薄暗く、店によっては女の子の顔がよく見えないこともあります問題なので、集中力があれば、他の人の目を心配する必要はありません。

実は、現在の法律では、ピンサロはレストランであるため、多数のおしぼりが用意されています。テーブルと休憩所は正式な規則により確保する必要がありますが、現在の規則もあいまいであり、「個室でなければOK」というのが暗黙の理解のようです。

ピンクサロンは、セックス業界でも異端であると言われており、一般的に射精業界とも呼ばれています。ほとんどのピンクサロンは客単価が低く、1人あたりの基本サービス時間も20分から30分に設定されているため、売上高に焦点を当てています。

風俗店に通うおもな目的はもちろん、男性にとっては射精することですが、その中でも、ピンクサロンは特に射精産業であると言われています。ピンクサロンの最大の魅力は価格です。ソープの平均予算を3万円とすると、ピンクサロンなら同じ予算で10回以上店に行くことができるので、コスパだけで考えればピンクサロンが一番強いと言えるでしょう。

料金の安さが売りのピンクサロンですが、多くの場合、衛生面がソープ業界と比べると良くない傾向にあり、ほとんどの店はコンドームを着用していないため、ある程度性病に感染するリスクに備えて準備する必要があります。東京には、サービス料1万円以上の「高級ピンクサロン」もあり、女の子のルックス重視の男性にはおすすめのお店といえるでしょう。

やっぱりソープは風俗の王様

ここからは、ソープのメリットを詳しく見てみましょう。第一に、ソープは女の子と本物のエッチをすることができるという大きな特徴を持っています。アナルファックであればデリバリーヘルスでもオプション料金を支払えば楽しむことができますが、しかし本当のセックスとアナルファックでは感覚的にもまったくことなるものであり、また、肛門はそもそもセックスのための器官ではないので痛みを感じる女の子も少なくないようです。

本番行為が主な目的ではない場合でも、ソープにはプライベートでは簡単には楽しめない特別なプレイを満喫できるという利点があります。特に、スケベイスや即フェラはユニークなサービスです。そして、ここでしか楽しむことができないサービスであるので、せっかく高いお金を払って遊ぶのですから、それを要求することを忘れないでください。オプションとしてローターやバイブなどのアダルトグッズを使用できることも大きな利点です。初心者がいきなりオプションサービスをリクエストするのが少々恥ずかしいかもしれませんが、慣れると、ごく普通になるでしょう。

デメリットはやはり、お店に行くのに時間がかかることです。特に、ソープは運営できるエリアが限られているため、ほとんどの店舗は駅から一定の距離にある専用エリアに集中します。

ほとんどのお店は最寄りの駅からの送迎サービスを実施していますが、お店の状況によっては送迎が利用できない場合があり、また、送迎者に乗ることそのものに抵抗がある、という男性も少なくないようです。さらに、最近、法改正により営業時間が制限されており、24時間営業は原則として違法となっており、男性が仕事帰りにふらりと立ち寄るのは難しい状況になっているようです。

また、お金がかかることもデメリットです。一般的に表示されている料金とは別にサービス料を支払うので、例えば60分1万円と書かれていても、実際は2万以上支払う必要があります。

コスパ重視ならピンサロ

女の子が裸になってフェラチオなどで射精させるピンサロですが、驚くべきことに、法律の下では風俗店ではありません。ピンサロは法的にレストランの拡張版として定義されています。

ほとんどのピンクサロンにはレストランの外観を維持するためのソファとテーブルがありますが、厳密に言えば、性的サービスは違法であり、いつ摘発されてもおかしくないというグレーゾーンのなかで何とか運営されているようです。

ソープとピンクサロンでは、価格だけでも最大10倍の違いがあります。ピンクサロンはとにかく安くて簡単で手軽であるという利点がありますが、衛生的に劣っていることが多く、性感染症を感染させるリスクもソープよりも高いことは避けられません。

最近では、男性が希望すればコンドーム着用でのサービスを実施しているピンサロも増えてきていますので、絶対的な安全を求める、という方はあらかじめお店の方針をチェックしたうえで来店すると良いでしょう。

本サロは違法?

ここまで見てきたように、ピンクサロンでは本番行為は完全に違法となりますが、ネットの噂によると、本番行為が標準のサービスに組み込まれているピンクサロン、つまり「本サロ」が実在するとささやかれています。特に、店舗型風俗店の大規模な一斉摘発が推し進められた新宿歌舞伎町などの歓楽街から半ば追放されるかたちとなったピンクサロンが郊外でより過激になり、低料金での本番サービスを売り物にして客引きを行っている、という状況になっているようです。

確かに本サロは実在しており、東京の都心から少しはずれた郊外エリア(蒲田や赤羽など)を中心に拡大しているという現状もあります。しかし、言うまでもなくピンクサロンでの本番行為は絶対的に違法であり、最悪の場合はお店だけでなく利用した男性も処罰の対象になってしまう可能性がありますので、本サロのようなダーティなエリアには近づかないようにしましょう。

本サロではコンドームを着用しない危険なセックスが当たり前になっており、性病が蔓延したり、女の子が不用意に妊娠してしまったりと、ややこしいトラブルに巻き込まれるリスクも高まります。

まとめ

ソープとピンサロでは、風俗業界にあっても天と地ほどの差があります。そもそもお店としての目的そのものが大きく異なっており、基本となる料金相場にも大きな開きがあります。風俗初心者の男性はまず、「風俗店に何を期待するのか」ということを事前にシミュレーションし、コスト的にも無理のかからないかたちでサービスを満喫できる方法を考えましょう、