けっこう高い?ソープ通いの基本費用は?

「風俗通いは高くつく」というのは結局、ソープのイメージに起因するものです。では実際に、風俗通いをコンスタントにつづける場合、どの程度の費用を見積もっておく必要があるのでしょうか。この記事では、ソープにかぎらず、風俗通い全般において必要となる基本的な費用の相場や内訳について具体的にお伝えしていきますので、風俗上級者の方も初心者の方もぜひとも参考になさってください。

基本相場はお高め

ソープでしっかり満足したいのであればやはり、男性としても数万円単位の費用を覚悟しておいたほうが良いでしょう。何しろ、「風俗の王様」といわれているぐらいですから、ヘルスやピンサロと同等の相場で遊べると考えるほうが失礼というものです。

コストの問題と同様に、ソープ特有の料金体系について理解しておくことも大切です。お店のウェブサイトを一度でも御覧になった殿方であれば御存知のことと思いますが、ソープでは表向きには「入浴料」以外には表記できないことになっています。入浴料の相場は高級店であっても数千円の範囲内ですが、もちろん、それだけで極上のサービスが堪能できるはずもなく、実際には入浴料にプラスして「サービス料」を支払うことになります。

サービス料は入浴料のおよそ3倍から5倍になっており、たとえ入浴料が書かれていなかったとしても、入浴料が5000円であればサービス料は25000円でトータル30000円、ということを予想することができます。お店によってはウェブサイトに「総額50000円」というかたちで表記しているところもありますし、そうではないお店でもフロントに直截電話をかければ料金体系について詳しく教えてもらえますので、来店前に必ず問い合わせるようにしましょう。

ランクによっても違う

風俗店には業種ごとにランクがあり、ランクに応じて女の子やサービスのクオリティが変わってきます。

トップクラスとも言われるのが高級店です。高級店ではサービス料だけで50000円を超える場合があり、風俗通いに慣れていない初心者にとってはハードルが高いように感じられるかもしれません。

1回のサービスで50000円以上の出費は高すぎる、と思われる方こそ、一生のうちに一度は思いきって高級ソープにチャレンジしてみましょう。高級店というだけあってお店の外観も内装も、そして女の子のおもてなしも文句なしのクオリティ。

ここからは裏事情になりますが、高級店になるほどお店の採用基準も格段に厳しくなり、一部のお店はCAやモデルの面接を過去に受けたことのある女性しか絶対に採用しない、というところもあるようですので、きっと、支払ったコスト以上の満足感が得られるはずです。また、即尺や生挿入など、高級店以外では絶対に許されないスペシャルなサービスがいろいろと用意されていますので、そちらのほうもぜひリクエストしてみましょう。

高級店以上のラグジュアリーなサービスを売り物にしているのが超高級店です。風俗の本場、吉原を中心に並んでいる超高級店の場合、入浴料だけで10000円、というところも少なくはなく、総額となると最高級店では10万円以上のコストになってしまうこともあります。通う、という感じでは難しいかもしれませんが、自分への御褒美のつもりで年に1回ぐらいはボーナス払いで遊んでみるのも想い出になるかもしれません。

高級店よりもなじみやすいのが大衆店で、料金相場は総額でおよそ30000円程度になります。高級店よりも良い意味で庶民的な雰囲気が魅力で、サービス面も高級店と比較してもそれほど遜色がないため、風俗初心者にとってもわりと足を踏み入れやすいと言えるでしょう。

大衆店が集中しているのは、関東圏であれば渋谷や新宿などの山手線沿線が知られており、エリア全体の雰囲気も高級店がずらりと立ち並ぶ吉原や川崎堀之内などとは一線を画しているようです。

大衆店でもちょっとハードルが高い、という男性には格安店がおすすめです。料金相場のほうもぐっと下がって総額で15000円~20000円程度となっており、お父さん世代でもこつこつ節約すれば月に1度くらいは通えるかな、という予算になっています。さすがに格安店ともなると高級店とまったく同じサービスというわけにはいかず、ウェブサイト上の女の子のプロフィール写真もモザイクが目立つようになりますが、ソープ通いの入門編としてはむしろこのあたりがちょうど良いかもしれません。

ここ数年の風俗業界ではさらにデフレ化が進み、格安店よりもさらにリーズナブルな料金で遊べる激安店というのも増えつつあります。激安店になると10000円以下という破格の料金を掲げるところもめずらしくありませんが、やはり「安かろう悪かろう」という感じは否めず、実際、激安店では性病やパネマジのリスクが急激に高まる、という報告もあります。

費用と安全度は比例

風俗店において性病のリスクを最小限におさえたいのであればやはり、格安店以下はあえて除外しておいたほうが良いかもしれません。もちろん、どのランクの風俗店でも性病のリスクには充分に配慮されていますが、安くなっている分のコストがどの部分とトレードオフになっているか、というビジネスの基本を考えるとやはり、「高級店と同等の安全性が担保されていますよ」とは言えないのが現状です。

ただし、だからといって高級店だから無条件に安全、というわけでもありません。むしろ、超高級店であるからこそ生のサービスを売り物にしている部分があり、ゴムなしのフェラや挿入、場合によっては中出しなど、激安店でさえもなかなか許されないような過激なサービスがスタンダードになっているようです。

元も子もない言い方になるかもしれませんが、風俗通いで満足する以上はそれ相応のリスクを覚悟しなくてはならない、ということなのかもしれません。

超高級店はまさに天国

ここで私自身の、超高級ソープで遊びつくした体験談を御紹介しましょう。私が足を運んだのは、吉原エリアにあるFというお店。さすがは吉原、入浴料1万円、総額で何と10万円という超高級店でした。

何よりもまず、外観からしてリッチそのもの。内装はまるで異国のホテルという感じで、風俗店という雰囲気がまったくありません。

エントランスに入ると、目の覚めるような9頭身美女がお出迎え。WEB使命だったため顔はわかっていたのですが、写真よりも数段きれいだったのでさすがに驚きでしたね。

そして、肝心のサービスも納得のクオリティ。エレベーターの中ですでにGカップ超えの爆乳をもませてくれたり、手コキからの即フェラと、まさに超高級店でしか味わえないようなサービスのオンパレードでした。

まとめ

風俗の王様とも言われるソープはトータルの費用相場も必然的に高くなり、大衆店でも総額で30000円程度が平均的な相場となっています。自分のお財布事情やもとめているサービスのクオリティとの兼ね合いを考えつつ、ウェブサイトなどで相場をあらかじめリサーチし、後悔のない風俗遊びを実現しましょう。性病などのリスクについてもおさえておく必要があります。