ソープに行く前に必要な事前準備とは

ソープランドは世の男性にとって永遠の憧れ。コストは多少かかりますが、やはり、男である以上は人生で一度は魅惑の世界に足を踏み入れたいものです。お店の女の子とより楽しく気持ちいい時間を過ごすためには事前準備が必須で、「お金を払っているから」と王様気分で振る舞ったのでは女の子に嫌われてしまいますし、最悪の場合は出入禁止になってしまいます。風俗店を長いスパンで安全に利用するためのポイントについてまとめました。

資金を把握して店を決める

風俗の王様とよばれるだけあって、ソープランドで楽しむためには一定以上の軍資金が必要となります。お店にはランクがあり、大衆店、中堅店、高級店、超高級店の順に料金の基本相場が上がっていきます。一般に、大衆店の料金体系は平均で15000円程度。超高級店になると最短コースでも50000円以上のところが当たり前になってきますから、まずは自分がどのお店で遊びたいのかを見きわめたうえで予算に合うお店を選ぶことが大切です。

ほとんどのお店ではクレジットカードの分割払いを利用できますが、風俗店の場合決済手数料が代金の15%程度となっていますので、手もとの資金に余裕があるのなら現金決済で利用したほうがお得と言えます。最近では、大衆店よりもさらに安い激安店などが増えていますが、どうしても女の子のレベルが下がったり、病気のリスクが高まったりと心配な点もありますので、ビギナーのうちは中堅店をメインにピックアップしたほうが無難かもしれません。

身体を清潔にする

ソープランドは法律上「特殊浴場」とよばれているということで、どの個室にも必ずお風呂とシャワーがついています。本格的なサービスの前には女の子に体を洗ってもらえるので、ついつい「お店で体が洗えるから多少不潔でもいい」と思いがちですが、それは完全なマナー違反です。

もちろん、サービス前にシャワーを浴びることになりますが、受付の段階でスタッフから爪などのチェックがあり、極端に不潔な人は入店を断られる可能性があります。シャワーを浴びる前に女の子からキスやフェラのサービスがあるお店も増えていますので、お店に行く前には必ず自宅でシャワーを浴び、特にアソコをきれいに磨いておいてから女の子と遊ぶようにしましょう。とりわけ包茎の男性は皮の部分に垢や汚れが溜まりやすいので、きちんと皮をむいた状態で洗うのがポイントです。

自慰や食事にも気をつけよう

ソープランドに行くぞ、と思うとついつい気合が入り、オスとしてのスイッチが入ってしまって前日から我慢できずにオナニーをしてしまう、というケースが若いうちはよくあるものです。オナニーをすれば快感が2倍味わえると考えがちですが、実はまったくの錯覚で、フライングはせっかくのソープ遊びの醍醐味を薄めてしまう可能性があります。

男性が射精時に強い快感を覚えるのは大量の精子が精管を通り、快感神経を刺激するためで、前日にオナニーをしてしまうと本番で発射される精液の量が減ってしまい、その分快感が得られなくなってしまう、ということになってしまいます。

女の子のなかで射精したほうがより多くの精液が放出されますので、少なくとも来店の3日前からは自慰行為を我慢し、快感のピークを本番にもっていくようにしましょう。また、ソープではキスや全身リップが必須ですから、口臭が出ないような食事を普段から心がけることも大切です。

まとめ

ソープランドで遊ぶ前の準備はつまり、女の子と気持ちよく遊ぶためのステップです。体をきれいに洗って体臭をおさえるのはもちろんのこと、キスの時に不快感を与えないように口臭をおさえ、普段の食事にも気をつけて万全の準備で臨むようにしましょう。予算のリサーチも重要で、自分が無理なく支払える程度の料金をシミュレーションし、非日常的な体験を心ゆくまで味わい尽くしましょう。

この記事をシェアする