ソープ通いはむなしい?プレイの体験談も解説!

ソープランドはそもそも、男性を心ゆくまで満足させてくれる空間のはずです。夢のワンダーランドといっても大げさではないでしょう。

しかし、男性のなかには「ソープ通いのたびにむなしさを感じる」という声も少なくはなく、むしろ若い年代では風俗離れという現象も徐々に広がっているようです。

本来楽しいはずの風俗通いがなぜ、むなしいと感じられてしまうのでしょうか。せっかくのソープ通いを心から楽しむためのポイントについて見ていきましょう。

ソープのプレイがむなしいと感じる理由

年代によっても、風俗通いに対する考え方は変わってきます。

もしもあなたが既婚者で、結婚後もソープ通いをつづけているのであれば、奥さんや子どもに知られるのが単純に怖いだけなのかもしれません。秘密が知られてしまう恐怖と不安感を「むなしい」という言葉に置き換え、罪悪感を少しでも薄めようとしている可能性は充分にあります。

ただ、最近では独身の若い男性の間でも風俗離れと思しき現象が見られており、会社などで先輩がキャバクラに誘うだけでもひとつのハラスメントだと言われかねない時代になっているようです。

既婚者がむなしいと感じるのはわからなくもありませんが、血気盛んな独身男性までソープ通いを頭から否定するのはむしろそちらのほうがある意味でむなしいですし、日本の将来が思いやられます。

理想のソープランドに出会っていないのかも

もしも、ソープ通いがどうしてもむなしいと感じられるなら、他の種類の風俗にも目を向けてみましょう。
これまでの風俗では、「女の子がいかに脱ぐか」ということが付加価値であり、それに応じて料金体系が組まれている傾向があります。

しかし、近年注目を集めているオナクラはあえて「脱ぐことができないサービス」を基本コンセプトとしており、その代わりに女の子の高いルックスレベルを売り物としています。性的サービスとしては基本的に手コキだけ。一部のオナクラでは、オーラルセックスなどをオプションとして含めることもできますが、原則として、個室でAVを見ながら女の子に射精させてもらうことがパターンです。

とにかく低料金で可愛い女の子と思いっきりイチャイチャしたい男性におすすめです。ガールズバーも意外な穴場。

性的サービスはありませんし、キャバレーのような接客サービスもないので一見すると味気ないかもしれませんが、行きつけになれば好きな女の子の連絡先情報をゲットできる可能性があるので、多くのリピーターはかすかな夢を見て何年にもわたって通い詰めるそうです。

むなしさを充実感に変えた体験談

ある男性も、ソープ通いがむなしいと感じているひとりでした。若い頃はそれなりに風俗遊びを経験し、行きつけのお店もいくつか確保していたのですが、30代中盤になると急にそちらの方面の関心が減退し、お店に行きたいとも思わなくなりました。

しかし、転勤をきっかけに地方へ移ることになり、御礼と挨拶の意味を込めていちばん付き合いの長い行きつけのソープに久しぶりに来店してみたところ、運命が大きく変わったのです。

フリーで入った女の子は、まるで天使のようでした。飛び切りの美人というわけではなかったものの、おっぱいは大きくてテクニックも抜群。それに何より、プレイ中のさりげない心遣いも彼の予想を良い意味で裏切るレベルでした。

彼はそれ以来ソープ通いを再開し、遠方の地方からでもわざわざそのお店に通い詰めるほどになっていました。指名するのはもちろん、決まってその天使ちゃん。風俗通いにも、運命の出逢いはあるのですね!

まとめ

風俗遊びをむなしいと感じるのは、とりもなおさず、お店で働く女の子を低く見ているのと同じことです。つまり、女の子へのリスペクトが足りないということで、風俗ということをいったん忘れ、「女の子と楽しむ場所」だと考えれば自然とむなしさもなくなるはずです。