風俗やソープで顔出しする意味と狙い目

「パネマジ」がもはや当たり前となっている風俗業界にあって、ウェブサイトなどで女の子が素顔を披露しているお店は男性としても安心できるものです。風俗店での顔出しは女の子のほうにも少なからずメリットがあり、最近では素顔OKの風俗店も増えています。風俗嬢が素顔をさらす意味とメリット、男性側の注意点について詳しくまとめてみました。

風俗で顔出しをする意味とは?

ソープランドなどの風俗店で女の子が顔出しをする確率は、高級店になるほど高まります。いわゆる大衆店や格安店ではどうしても女の子のレベルが下がってしまうのと、お店側も写真の修正にそれほどお金をかけられないという理由からお店のロゴマークで顔全体を画したり、かなり濃いモザイクがかけられたりしていることがほとんどです。

一方、中級店以上のお店ではあえて顔出しをすることで早く名前を覚えてもらいたいという思いからウェブサイト上で素顔をさらす女の子が多く、男性側にとっても指名のモチベーションにつながります。また、業界の裏事情として「顔出しをするとベースアップが期待できる」ということがあり、基本給などの待遇面を向上させるために素顔を公開する、というケースが増えているようです。

男性のほうもあらかじめ素顔や体型がわかっていたほうが会った時に安心だという心理から、モザイクなしの女の子を優先して指名しよう、という気持ちになるようです。

写真やパネルは9割以上修正…

女の子のプロフィール写真でモザイクが薄いほど男性としては安心するものですが、顔出しOKだからといって油断はできません。ウェブサイト上で顔を公開しているからといってそれが女の子の素顔であるとはかぎらず、むしろ9割以上に何らかの修正がかけられていることがほとんどなのが現実です。

今の時代、モザイクをかけなくても女の子の顔や体型を修正することは無限といってもいいほどのレベルで可能であり、おっぱいのほうもサイトではGカップだったのに実際はDカップだった、という「パネマジ」はざらにあります。

多少のパネマジを覚悟して、脳内で自分なりに補正をかけながら大衆店で遊ぶのもひとつの選択肢ではありますが、女の子の素顔そのままを公開している高級ソープランドで遊んでみるのも男性としてのステータスではあります。

目出し・口出し嬢を狙うと良い

ソープランドのウェブサイト上で顔出しをしている女の子は少数派でも、目や口など顔の一部分を公開している女の子は意外と多いものです。目や口などのパーツを見るだけでもその女の子のだいたいのポテンシャルが把握できますし、目もとだけを先に見たほうがいわゆる「マスク効果」によってより美人に見え、興奮がかきたてられますので男性としても一石二鳥です。

また、顔全体や体型ごと修正することは簡単でも特定のパーツをピンポイントで修正するのは比較的手間がかかりますので、目もとや口もとのみを公開したプロフィール写真のほうがむしろパネマジのリスクが少ないと言えます。欲張りな男性はついつい最初から素顔を見たくなってしまうかもしれませんが、業界の裏事情を考慮して、あえて目出し、口出しの女の子を優先的に指名したほうが無難であることを覚えておきましょう。

まとめ

ソープランドのウェブサイトでの顔出しは男性にとっても、女の子にとってもメリットがあります。ただ、モザイクがまったくかかっていなかったとしてもそれは無修正という意味ではなく、体型ごとがらりと変わってしまっている場合もありますので、初心者のうちはむしろ目出し、口出しの女の子を指名したほうがリスクが少ないかもしれません。