初めてのソープ!楽しくプレイにするためのマナーって?

個室完備、お風呂やベッドで本番プレイが楽しめる場所がソープです。初めてさんは予約を入れるときから緊張の連続です。大まかな流れやマナー、相手をしてくれるソープ嬢について情報を仕入れてから出かけましょう。度が過ぎると嫌われる?やりすぎはどのお店へ行っても嫌われます。ソープ嬢が避けたいプレイとはどんなものでしょうか。初心者だからこそきちんとマナーを守って楽しんでほしい、ソープの基本を見ていきましょう。

ソープのプレイの基本って?

料金は入浴料とサービス料の総額で成り立っています。そこにオプション料金が加わり、料金が変動します。ソープはお店のランクによって時間や金額が変わり、しかも表示されているのは入浴料だけのところが多いのでシステムを知らずに行った人は総額を聞いて驚いたとか。手持ちが足りないことがないよう、事前にしっかり確認をしておきましょう。

プレイ時間の基本は40分前後から120分前後まで、お店のランクによりサービス内容が変わります。料金も大衆店の1万円前後から高級店では6万円前後から8万円前後、中には10万円を超えるお店があります。高級店になるほどサービスが充実しています。料金やコースに比例しているというわけです。時間が短くても充分に気持ちよくなれますのでお店や女の子選びには時間をかけましょう。お店は24時で閉店です。入店できる時間が決まっています。時間を計算してお出かけください。

ネットか電話で事前に予約、お店と確認が取れた時点で予約が確定します。急用でキャンセルしたいときは連絡を忘れずに。当たり前のことですが、マナーを守れない人がいるのです。早めにお店へ連絡しましょう。当日は指定の場所へ迎えにきてもらうか、自分で店舗に向かいます。入浴料を払って待合室で呼ばれたら希望していた女の子と一緒に部屋へ入ります。サービス料を渡しておしゃべりしながらプレイはすでに開始しています。即即プレイ(即尺から即ベッド)は高級店の流れです。即尺からお風呂でボディソープと体、椅子を使った独特の洗い方できれいにしてくれます。次にローションを使ったマットプレイです(大衆店、中級店ではないところがあります)。新人の子がマットプレイの研修を受けていない場合、できないことがあるので選ぶ際に聞いておきましょう。ここで一回目のフィニッシュです。高級店ではノースキンで本番に入ることがあります。休憩を挟んでベッドプレイです。2回目のフィニッシュのあとシャワーできれいに洗い流してお見送りになります。簡単に流れを書いていますが、時間にして60分から余裕をもたせて90分くらいになります。高級店では料金が高額なぶん110分から120分と時間も長いです。大衆店の約40分のコースでも女の子のプロの技が堪能できるので濃密な時間が過ごせるはずです。

短時間のコースで予約、あれもこれも注文してバタバタするのはお互いが疲れます。はじめから高級店に行かなくても良いので、時間に余裕をもたせてプレイするのは大人としての最低限のマナーです。

分からなくても大丈夫!ソープ嬢に任せよう

初めての風俗では予約から緊張の連続、できれば余裕をもって楽しみたいものです。ソープでのプレイの流れが分からなくても大丈夫、プロのソープ嬢にお任せで時間に合わせて動いてくれます。一方的に攻めるのはマナー違反です。ソープには流れとルールやマナーがあるので知らない人は任せてしまったほうが楽しめます。経験がないのを伝えるのは恥ずかしいことではありません。困るのは知ったかぶりです。女の子は慣れているかどうかすぐに見抜いてしまいますので隠してもバレます。分からないときは素直になるのが一番!なのです。

初めての人にとって大事なのは羞恥心を捨てることです。お互いが生まれたままの姿で絡み合うのに、恥ずかしがるほうが今さらでおかしな話です。とは言っても、環境や雰囲気が違うので恥ずかしがるな、緊張するなというのが無理というもの。話下手でもいい、懸命に話そうとする気持ちは女の子に伝わります。緊張をほぐすために話しかけてくれるはずです。自分の趣味や好きなものといった世間話をしながら自然な流れでプレイに入るように女の子がリードします。

プレイ中は全部受け身でもかまわないのですが、攻めたいときは女の子に確認しながら行動に移します。攻めのタイミングがつかめないときは、遠慮せずにリードしてもらいます。自分が感じやすい部分を知らせるとその部分を攻めてくれますし、お客さんが興奮するのを見て一緒にムードを盛り上げてくれるでしょう。ソープ嬢のプロフィールには、得意なプレイが書かれていることが多いです。もし事前にチェックしているなら女の子の得意なプレイをお願いしてみましょう。

とにかくフィニッシュさせるより、過程を楽しむ余裕が大切です。早くても遅くても我慢は禁物、焦る必要はまったくないので休憩を挟みながら一緒に過ごす時間を楽しみましょう。

度が過ぎると嫌われる?避けたいプレイのアレコレ

どんなに愛想が良いソープ嬢でも、度が過ぎると避けたくなるお客さんがいます。風俗でプレイするなら、利用する側のマナーとして知っておきたい内容をいくつか挙げてみます。

コースに含まれないサービスを強要しないで。ソープでは本番行為があるものの、スキン必須がほとんどです。部屋に入った途端、いくら払うからやらせてくれと言うのはマナー知らずがやることです。ノースキンOKのお店を素直に探しましょう。コース以外のサービスを要求するなら潔くオプション料金を払いましょう。時間が短いのを気にしてガッツクのはあなた自身の評価を下げてしまいます。何でもサービスだからと強要するのはかえって懐の寂しさと心の狭さアピールをするだけです。どこまでコースに含まれているのか分からないときは、遠慮なく尋ねましょう。あまり大人げない要求を通すとお店へ出禁になることがあります。

顔や髪を触らないで。男性はきれいにお手入れされた女の子の髪を触るのが好きという方もおられるでしょう。中には撫でられるのが好きな子がいるかもしれません。しかし多くの子の本音は触らないでほしいのです。お店に来てくれたお客さんであるあなたにちょっとでもきれいな姿を見てもらいたくて、時間をかけてセットしています。お許しが出ない限り、キス以外の顔や髪のお触りは我慢しましょう。

力まかせにしない、しつこくしないで。女性の体はとても繊細です。やさしくソフトタッチで触られると気持ちがいいのは女の子も同じです。触り心地が良いといって執拗に触るのは女の子の体を傷めてしまいます。つまんだり、引っ張ったり、相手にしているのは生身の人間でおもちゃではないのです。やりすぎは気持ち良いのを通り越して苦痛しか残りません。爪が伸びていると体が傷つきます。爪を伸ばして見た目が良いのは、きちんとお手入れされているからです。伸ばされた爪には雑菌もたくさん付いています。剃り残しのヒゲや中途半端に処理したムダ毛も女の子にとっては針のような痛みにしか感じないし、傷つきやすいのです。だからソフトタッチでやさしくお願いします。

長い時間攻めないで。ソープでは基本、お客さんが受け身のプレイが多いのが特長です。攻めてもかまわないのですが、やりすぎは女の子を感じさせるどころか疲れてしまいます。あなたにスタミナがあって持続できても、女の子には体力の限界があります。時間内でスマートにフィニッシュしてくれるお客さんが女の子にとって満足できるし、次も来て指名してほしい候補になります。

初めて風俗へ行くなら身綺麗にしておくと安心です。体臭、口臭、不潔はご法度です。おまけに度が過ぎるプレイは、余ほど特殊な人でない限りどこへ行っても嫌われます。また体調が悪いときに行くのは迷惑行為そのままです。女の子にうつる可能性がありお仕事ができなくなるばかりか、あとに続くお客さんにも迷惑をかけることになります。料金を払えば何でもありだと勘違いする人が多い世の中、最低限のマナーがあることに気付いてほしいものです。

まとめ

風俗の初めてさんは、正直にソープ嬢へ伝えましょう。プレイの大まかな流れや相手をお願いする女の子のことを事前に調べておくと好感度がアップします。あとは女の子にリードしてもらって大丈夫です。ソープの場合、プレイの基本はお客さんが受け身ですが攻めたいときは尋ねてみると良いでしょう。攻めのタイミングが分からなくても、身を任せていれば時間内で動いてくれるので安心です。ソープのマナーはほかの風俗のお店でも同じ内容です。コースに含まれないサービスの要求、顔や髪を無断で触る、力まかせ、しつこくしない、体は清潔に!人としての最低限のマナーは守りたいものです。