ソープや風俗で禁止されている行為とは?

風俗やソープランドというとどうしてもダーティなイメージがつきまといますが、ここ数年は特にイメージのクリーンアップが進んでおり、お店ごとに厳しい禁止事項をもうけて女の子を守る方向に動いています。初めて来店する場合はまずお店のルールと禁止事項を把握し、女の子を傷つけないように長いスパンで安全に遊ぶスキルを身につけましょう。上級者ももう一度風俗マナーをチェックしておきましょう。

ソープでは盗撮や無理強いは禁止

ソープランドでよく見られるルール違反として、女の子の盗撮やサービスの強要が挙げられます。ソープではいわゆる本番行為が許可されており、基本サービスもピンサロやヘルスなどより幅広いため、何をしても許されるという気分になるかもしれませんが、女の子にもサービスを断る権利があり、嫌がる行為を無理強いした場合には出禁の対象になってしまいます。

特にフェラやイラマチオなど、負担の大きいサービスについては嫌がる女の子が少なくないため、まずは女の子とコミュニケーションをとりながら少しずつサービスの幅を広げていくのが基本的なマナーと言えます。

盗撮行為も最近では増えており、シャワー中の女の子を盗撮したり、女の子の下着をこっそりスマホで映したりというトラブルによって出禁になる人も増えています。盗撮行為はもちろん犯罪ですので、女の子と気持ちよく遊ぶためにも絶対にやめましょう。

風俗店では本番行為は禁止

ソープランド以外の風俗店では、いわゆる本番行為は原則禁止とされています。ピンサロやヘルスなどの本番行為はすべて売春行為と見なされ、法律違反となってしまうからです。それなのになぜ、ソープランドでは女の子とセックスを楽しむことができるのでしょうか。実は、ソープは法律上個室のお風呂であり、それぞれの個室に体を洗うためのコンパニオンがいる、という解釈になっているのです。

お店は女の子のサービス内容には一切干渉せず、女の子がお客さんの体を洗っているうちに自然と肉体関係をもってしまった、という建前により本番行為が許可されています。ただ、ソープであってもコンドームなしの生挿入、および膣内射精は基本的に禁止されていますので、お店ごとのルールをよく確認しておきましょう。

禁止行為をした場合どうなる?

ほとんどの風俗店ではお客様との関係を良好に保ちたいという基準から、たとえ一度禁止行為があったとしてもただちに出入禁止にすることは稀です。どのお店もまずはお客様に対しルールの周知徹底を行い、理解をもとめます。そのうえで同じ女の子に禁止行為をはたらく場合は女の子NGを出し、次の来店からその女の子を指名できない状態になります。

それでも他の女の子に対してルール違反が見られるようならいよいよ出禁処分、というのがオーソドックスな流れとして考えられます。ただ、盗撮や暴力など明らかな犯罪行為の場合は初回でレッドカードが出され、警察に通報される可能性が高いため、お店のルールはきちんと守るようにしましょう。大規模なソープランドではチェーン店になっており、その店だけでなく系列店も出禁になりかねませんので注意が必要です。

まとめ

ソープなどの風俗では女の子とふたりきりになるわけですから、お店側も時代的にコンプライアンスには気を遣っており、たとえささいなルール違反であっても厳重に対処するような空気が出来上がっています。来店する側も、お客様は神様だ、というスタンスではなく、女の子を恋人として扱うつもりで、おんなのこがいやがるこういは絶対にさけるようにしましょう。

この記事をシェアする