ソープで働くうえで年齢は重要?

「女の子は断然若いほうがいい!」と言い切る男性は少なくありません。実際、ソープ業界でも年齢の若い女の子のほうが人気がありますし、エッチで肌を合わせる時にもやっぱり気持ちがいいものです。一方、風俗業界には「熟女専門」という確固たるジャンルがあり、40代以上の女性でも若手と言われるような世界があります。今回は、風俗で働く女の子の年齢と人気の関係について詳しく見ていきましょう。

ソープの種類もいろいろ

ソープランドといっても、決して若い女の子の独壇場ではありません。もちろん、一般的な統計で考えれば年齢の若い女の子のほうが男性に人気がありますが、はっきりとした年齢制限はなく、「30歳以上だからどこも雇ってもらえない」ということではありません。

特に、ここ数年は風俗業界でも業態の細分化がさらに進んでおり、熟女専門のなかでもぽっちゃり熟女やスレンダー熟女、見た目年齢だけなら20代にしか見えないような美魔女専門など、男性側のニーズに合わせてさまざまな工夫が凝らされています。

風俗業界において、「熟女」の正確な定義はありませんが、一般的な感覚としては40代以上からが熟女の入口、50代以上になるといよいよ本物の熟女、という風に言われているようです。

熟女専門風俗は長らくスタンダードな位置を占めていますが、ここ最近、日本でもにわかに注目を集めているのがいわゆる「高齢者専門風俗」です。高齢者専門風俗とはシニア世代にターゲットを絞った風俗店であり、お店によってルールは異なりますが、おおよそ65歳以上の男性でなければ利用できない決まりになっています。

高齢者専門風俗の場合、男性にとってもコンパニオンが経験豊富な熟女ばかりですので安心ですし、また、働く女性にとっても、一般の風俗と比べてエネルギーを使わなくていい、というメリットがあります。

実際、高齢者専門風俗に通う男性は射精という直接的な快楽よりも女性との触れ合いをもとめて来店することが多いようで、一般の風俗にありがちな強引なサービスの強制などのトラブルが起こりにくいと言われています。

経験豊富な熟女がもとめられるという点では障害者専門風俗も同様で、接客にあたっても専門知識が必要となるため、介護職などの女性が採用されやすくなっています。

もちろん、年齢層の若い女の子ばかり集めるロリ系風俗も健在で、男性にとっては選び放題の状況になっています。

熟女ソープが人気な理由

ロリ系風俗とならんで、40代以上の女性が集まる熟女専門ソープもまた根強い人気をキープしています。

なぜ、男性があえて熟女専門ソープを選ぶのかというと、それは、若い女の子にはなかなか期待できない包容力があるからです。熟女はやっぱりいろいろな意味で経験豊富ですから、たとえ風俗そのものに慣れていない男性であってもまるで行きつけのような安心感でリラックスすることができます。

もちろん、夜のテクニックも抜群。何しろ、プライベートでもベテランですから、奥手な男性も優しくリードし、最後までしっかりと気持ちよくしてくれます。同じ店に通い詰めて仲良くなれば、プライベートではなかなか試せないアクロバティックな体位にもこたえてくれるかもしれません。

熟女はボディラインも絶妙。確かに、ピチピチの20代よりはボディラインも若干崩れていますし、おっぱいだって垂れ気味ですが、だからこそ若い女の子にはない味わいがあるんです。少々下品な話になりますが、熟女になるとやっぱりアソコのほうもいい感じにこなれてきていますので、エッチの時にもいい感じのリズムでペニスをしめつけてくれます。

人妻と熟女は違う

風俗店にあまり縁のない男性にとっては、「熟女=人妻」のように思われているかもしれませんが、熟女と人妻ではその魅力も定義もまったく違います。

当たり前のことですが、人妻とは「結婚している女性」のことで、既婚者であればたとえ20代でも、10代でも人妻としてソープランドで働くことになります。

逆に言えば、熟女であってもプライベートではまったくエッチの経験なし、というパターンもあり、実際、40代以上の処女ばかりを集めた専門風俗店も日本で増えているようです。もちろん、熟女で処女だからといって女性としての魅力がないわけではなく、どちらかというと、「チャンスがなくていつの間にか処女を通していた」という女性がほとんどですので、男性のほうも新鮮な気分でプレイを満喫することができます。

一方、人妻には人妻の魅力もあります。人妻にしかない魅力とはつまり、生々しさです。もちろん、独身の女の子であってもプライベートではエッチを楽しんでいるものですが、人妻となるといちだんと生々しさが増し、男性のほうもいろいろな意味で想像力をかきたてられます。お店で仲良くなれば、旦那さんとの夜の生活や、旦那さんとしかやらない特別な体位を教えてくれるかもしれません。

これは一度でも人妻とのエッチを楽しんだ男性にしかわからないかもしれませんが、人妻はアソコも違うんです。たとえば同じ30代であっても、結婚しているのとしていないのとではアソコの年季が違ってきます。当然、アソコは使っているほうがやわらかくなりますから、人妻のアソコのほうが男性にとってもよりなじみやすく気持ちがいい、ということになります。

普段は初々しいロリ系女子がお好みという方でも、たまには無性に人妻の素肌が恋しくなる、という時もあるようです。

高齢者専門ソープが狙い目

若い頃からソープランドで働いている女の子にとって、「果たして何歳まで働けるかどうか」ということが大きな悩みになってくるそうです。風俗業では年齢を重ねるほど体力的にきつくなりますし、男性から指名される確率もどうしても低くなっていきます。

そんな女性たちにとってひとつの救いとなりつつあるのが「高齢者専門風俗」です。基本的には65歳以上のシニア世代以外には利用できないルールになっており、客層に合わせて女性たちのほうも年齢層が高めに設定されています。

高齢者専門風俗ではお客さんもシニアですので、若い男性のように無理な要求をしてくることもなく、また性的な体力も衰えているため、一般のお店のように何回もエッチで発射させる必要もありません。

高齢者専門風俗が浸透したことで、20代からピンサロで経験を積み、30代でヘルス、40代以上から高齢者専門風俗に移籍する、というのがオーソドックスなパターンになっているようです。

お客の意見も聞いてみよう

いわゆる熟女専門店に通い詰める男性の多くは、少なからずマザコンの傾向があるようです。特に、子どもの頃にお母さんから優しく育てられた男性ほど成人後もマザコンになると言われており、風俗でも熟女専門店を選ぶようになる、とのことです。

熟女専門店のリピーターの男性に聞いてみると、熟女には若い女の子にはない熟れた魅力があり、一度経験するともう二度と若い女の子には戻れない、とまで語っているほどです。

まとめ

風俗嬢に定年はありません。若い女の子のほうが絶対的に人気がある、というわけではなく、40代以上の熟女も熟女にしかない包容力とエロさがあり、マザコン男性にとっては特にたまらないと言われています。風俗で一生稼ぐ覚悟があるのなら、高齢者専門風俗もチェックしておきましょう。