ソープ通いで最低限おさえておきたいマナーは?

風俗店のマナーは非常に重要ですが、お店がお店だけに気軽に人には聞けませんし、ネットには偏った情報や誤解があふれています。行きつけの風俗店で女の子と心ゆくまでプレイを楽しむためにも、風俗店における基本マナーをひとつひとつおさえておきましょう。

 

爪や体をキレイにする

ソープランドは合法的に「特別浴場」と呼ばれているので、各部屋にバスタブとシャワーが付いています。「店で体を洗うことができるので、少し汚れても構いません」と思われるかもしれませんが、それは完全なマナー違反です。もちろん、あなたはサービスの前にシャワーを浴びなければならないでしょう。

そして、非常に不潔な人は入場を拒否されるかもしれません。シャワーを浴びる前に女の子からキスやフェラチオのサービスを提供する店が増えているので、店に行く前に家でシャワーを浴びることを忘れないでください。特に包茎の男性は、よく皮をむいた状態でそれらを洗うことが重要です。

 

女の子が嫌がることはしない

ソープで最も一般的なルール違反の1つは、女の子へのサービスの強制です。 基本的なサービスはピンサロやヘルスよりも多いので、すべての行為を許されているように感じるかもしれませんが、女の子もサービスを拒否する権利があります。特にフェラチオやディープスロートのような重いサービスを好む女の子はあまりいないので、基本的には女の子とコミュニケーションをとりながらサービスの範囲を広げることがスマートな方法です。

最近は盗撮行為も増えており、シャワーを浴びる女の子を盗撮したり、スマホでこっそりと女の子の下着を映したりするなどのトラブルで、出禁になる人も増えています。盗撮はもちろん、犯罪なので、モラルをもって女の子と遊びましょう。

ソープ以外の風俗店では、いわゆる本番行為は原則として禁止されています。それは、本番行為が売春と見なされ、法律に違反しているためです。実際には、ソープは法律上は特殊浴場であり、そして各プライベートルームはコンパニオンがお客の体を洗うために借りていると解釈されます。

店は女の子のサービス内容に全く干渉しません、そして本番行為は、客の体を洗っている間女の子が自然と恋愛関係を持っている、という原則によって許されます。ただし、避妊もせずに中出しを使用とするのは論外であり、多くのお店ではNGとされています。

 

女の子に敬意を持つ

ソープにかぎらず、風俗店で遊ぶうえで重要なのは、女の子に対する敬意です。社会的地位のある男性ほど、風俗で遊びながら内心では女の子を低く見ていることがありますが、そのような態度は今すぐに改めましょう。はっきりと口に出さなくても、男性の本音は女の子から透けて見えるものですし、男性自身も本当の意味でサービスを楽しむことができません。

風俗嬢も立派な職業のひとつであり、誰にでもできるわけではないことを率先して提供してくれているわけですから、ひとりひとりの女の子をきちんとリスペクトするようにしましょう。

まとめ

風俗通いでも、マナーを守れる男性はモテますし、反対に、基本的なマナーを守れないような男性は間違いなく女の子から嫌われます。風俗通いで深刻なマナー違反が繰り返される場合はお店そのものを出禁になってしまう可能性もありますので、充分に注意しましょう。特に、清潔感は男性側のエチケットとしてきちんとキープする必要があります。