やっぱり体型が気になる?ソープで働く注意点

ソープ嬢というと、ルックスもプロポーションも性格も完璧で、モデルのような体型をイメージするかもしれません。もちろん、そういうトップクラスのS級美女ばかりを選り好みする男性も多いようですが、一方で、ぽっちゃり女子や貧乳女子など、いわゆる残念体型とされる女の子にも充分にチャンスがあります。体型にコンプレックスのある女の子がソープでがっつり働くポイントについて詳しく見ていきましょう。

細ければいいわけではない

モデル業界を見ても、日本ではスレンダー美女がスタンダードになっており、男性ばかりではなく女性の間でも「細い=美しい」というイメージが広がっているようですが、風俗業界のトレンドとしては少々違った方向に動いているようです。

もちろん、吉原の超高級店ではモデルやCAとしてスカウトされてもおかしくないレベルのS級美女ばかりをそろえていますが、モデル体型でなくても戦略次第で充分にチャンスはあります。

男性に話を聞いてみると、極端に細すぎるガリガリ体型の女の子にはかえって引いてしまい、たとえGカップ超えの美女であっても肋骨が浮き出て見えるようではペニスも元気にならない、とまで語っています。

男性が理想とする女性のスタイルは、決して細すぎず、おっぱいだけでなくウェストまわりやヒップ、太ももにもほどよくお肉がついていてふっくらしている女の子なのだそうで、そういう女性がソープランドで接客してくれると単純に「やりたい!」と思うのだそうです。

特に、太もものあたりがふっくらしていると正常位で合体した時にお肉があたってほどよい刺激になりますし、フィニッシュで激しくピストンするほどお肉もプルプル揺れまくるためビジュアル的にも興奮させてくれます。

おっぱいは巨乳、太もものあたりはふっくらで足首はキュッとしまっている、というのがソープ嬢としては理想のスタイルと言えそうです。

ぽっちゃりソープが増えている理由

ひと昔前までは、風俗業界でもスレンダー美女が主流であり、細いけど巨乳、という女の子がどのお店でも一番人気になっていました。もちろん、その傾向は今でも基本的には変わりませんが、反面、ぽっちゃり専門ソープが全国各地で増えていることからもわかるように、基準から少々はずれている女の子にも「風俗でがっつり稼ぐ」という意味でのチャンスが広がっているようです。

ぽっちゃり好きの男性にその理由を聞いてみると、ただ単におっぱいの大きい女の子よりもずっと包容力があり、エッチをしていてもお肉の温もりを感じられるから、という声が多く寄せられていました。

どのあたりからがぽっちゃりなのか、という定義はお店によっても変わってくるようです。Gカップ超えでウェストまわりも多少ボリュームのある女の子をぽっちゃりに入れる店もあれば、他のお店ではまめタンク体型と言われそうな、100kgオーバーの巨漢女子しか入店できない、というぽっちゃり専門店もあります。

言い換えれば、どんな女の子にもチャンスがあるということで、たとえルックスに自信がなく、客観的にも太っていたとしても、お店選びを間違えなければ充分にナンバーワンになれるチャンスがあるのです。

また、男性はぽっちゃり女子に対し、「優しくてほとんど怒らない」というイメージを持っているようです。確かに、ほどよくぽっちゃりしている女の子は見た目にも穏やかに見えますし、エッチをしていても安心感があるものです。女の子のほうも男性側のイメージをよく理解し、お客の夢と幻想を壊さないような接客を心がけましょう。

体位によっては体を壊す

ぽっちゃり女子がソープランドで働くうえでの注意点として、体位選びが難しい、ということが挙げられます。男性人気の高い騎乗位も、体重の重い女性が何も考えずにチャレンジすると男性としても苦しくて仕方ありませんし、上に乗る女性のほうも激しいピストンのせいで膝や腰に負担がかかり、いつかは体を痛めてしまいます。

スレンダー体型のソープ嬢にとっても腰痛は代表的な職業病であり、年齢とともに腰痛がひどくなったことによって風俗嬢として働くことができなくなる、というケースが少なくありません。

ましてや、ぽっちゃり女子となると体にかかる負担はその分だけ大きくなりますし、体位のほうにも制限がでてきてしまいます。

ぽっちゃり女子はそのことをよく理解し、男性にとっても、そして自分自身にとっても無理のかからない自然なプレイを研究しましょう。

サービスが自然なダイエットになる?

風俗で働くモチベーションは人それぞれですが、少々変わったところでいえば、「ちょうどいいダイエットになるから」という理由でソープ嬢になった、という女の子も少なくはありません。

確かに、本気のセックスは1回ごとにかなりのカロリーを消費するものであり、男性の場合、1回しっかり射精するだけで4kmの道のりを1時間かけてジョギングしたような運動量になると言われています。

そうなると当然、女性のほうも同じ程度の運動量になっていると考えられますし、とりわけソープではプライベートでのセックスよりも女性のほうが能動的に動く必要があるため、男性以上に激しくカロリーを消費することになるでしょう。

最初はぽっちゃり女子として風俗店に入店したのに、毎日のように指名されて全力で奉仕しているうちに見る見る痩せてしまい、ぽっちゃり女子としては働けなくなった、というケースも実際にあるようです。

うれしいような悲しいような、面白いエピソードですよね。

どんな女性にもチャンスがある

ぽっちゃり専門風俗店でもなかなか採用されない、という女性でもあきらめる必要はありません。日本では地雷女子専門店というカテゴリがあり、ぽっちゃりはもちろんのこと、貧乳や不感症など、一般的な風俗店ではまず間違いなく不採用になってしまうであろう女性を集めている風俗店があるのです。

「地雷女子」としては他にも、ワキガ、コミュ障、ルックス面、などさまざまなタイプがあり、どんな女の子にも最低限の覚悟さえあればチャンスがある、という風にも言えます。

地雷女子というと、一般的な基準から大きくはずれているわけですから男性からの需要がまったくないのかと思いきや、世の中とは不思議なもので、「地雷女子でないと気持ち良くなれない!」という男性も相当数いるのです。

ただ、そうした地雷女子専門店の中にはいわゆるブラック風俗も多く、女性を搾取するだけ搾取してあとは冷たく使い捨て、というお店もありますので、入店の前にお店の情報を入念にリサーチしておきましょう。

まとめ

風俗の事情をあまりよく知らない女性はどうしても、「ルックスが良くなければ風俗嬢としてもチャンスがまわってこない」と思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。風俗はむしろ、世間の基準からはずれた女性の受け皿のような役割を担っている部分があり、たとえ多少ぽっちゃりした体型でも、反対におっぱいがほぼフラットで貧乳とよばれていても、最低限の覚悟とマナーがある限り風俗嬢としてしっかり稼ぐチャンスはあります。女性のほうも自分自身の武器を充分に理解したうえで、自分にしかできない極上のサービスを研究しましょう。