ソープ、デリヘル、ヘルスの違いは?

飲み屋と言えばキャバクラ、ライトな風俗と言えばピンサロやおっパブと言う様に、そのカテゴリを代表するサービスがあります。風俗に当てはめるとソープ・デリヘル・ヘルスが挙げられます。これらのサービスはどのような特徴があるのかを公開しています。

ちなみにデリヘルは厳密に言うとヘルスの一種であり、お店でサービスを受けるか出張するかの違いになります。ソープは唯一、本番行為が出来る性サービスですので、待遇が良く高収入です。もちろん衛生管理もしっかりしているので安心です。

ヘルスの特徴

ヘルスはファッションヘルスの略語で、お店を構えている風俗店です。エリアによっては箱ヘルと呼ばれるケースもあり、お店の中にいくつかの部屋があります。そこでコンパニオンとプレイを楽しめます。しかし近年では規制が厳しくなり、ヘルスの数が減っています。新規出店も難しくなってしまったので、これらのお店ではよりニッチなお客さんを引っ張ろうとコスプレや熟女、人妻など個性をウリにする事が多くなりました。

ちなみにヘルスのメリットはお店へ行けばすぐにプレイが出来る点です。交通費やホテル代が不要なので、リーズナブルにプレイを楽しみたい場合はおすすめです。基本的なサービスはキス・全身リップ・手や口を使った射精サービス・素股がメインです。

デリヘルの特徴

デリヘルはデリバリーヘルスと言って、お店を構えているヘルスとは違いお客さんが指定したホテルなどに出張するサービスです。出張ヘルスと呼ぶエリアもありますが、デリヘルと同一のサービスです。お店を持たないので比較的簡単に創業出来るのが特徴で、近年数を増やしている性サービスの一つです。

お店へ行く必要が無いので初心者でも利用しやすく、自宅であればプレイが終わった後はコンパニオンを帰してそのままゆっくり出来るのも魅力です。来てくれるコンパニオンは私服ですので、恋人気分を味わいたい方に良いサービスです。プレイ内容はヘルスと同じですが、オプションを充実させて他店と差をつけているところもありますので、事前に確認するのがベストです。

ソープの特徴

ソープがヘルスを含む他の性サービスと違う点は、本番行為が認められている点です。それだけで他のサービスよりも頭一つ抜きんでています。そもそもソープは入浴補助をするサービスで、コンパニオンが補助をしている内に恋愛感情を持ってしまい、そこから本番行為に発展したという名目になります。その為、お店としては「個人のプライベート」なので介入出来ないとしています。

プレイ内容はまずコンパニオンと一緒にお風呂に入り、身体を洗ってくれます。その後ローションを使ったマットプレイを行い、タイミングを見計らってベッドに移動します。部屋にベッド、浴槽が備え付けられていて内装も豪華なのが特徴です。オプションサービスも充実していて、複数プレイが出来るのもメリットです。

まとめ

風俗の代表であるソープ・ヘルス・デリヘルの特徴をピックアップしました。これらのサービスを知れば、満足の行くプレイが出来ます。ちなみにデリヘルはヘルスの一種で、お店を構えているか否かでカテゴリが変わります。取り締まりが厳しくなりつつある今、新規出店が難しいので届出だけで出店出来るデリヘルが多く誕生しています。ソープに関しては本番行為が出来る事が根強い人気で、且つ高級志向のお店が多いので通っているお店によっては常連である事がステータスになるケースもあります。

この記事をシェアする